読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀魂―ぎんたま― 63 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 63 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 63 (ジャンプコミックス)

作家
空知英秋
出版社
集英社
発売日
2016-03-04
ISBN
9784088806242
amazonで購入する Kindle版を購入する

銀魂―ぎんたま― 63 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こうじ

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️5/5 面白かった(*^_^*)シリアスぽっいが、笑いあり^_^300円、ぱくやしゃ、笑えた〜^_^

2016/03/05

英知@マンガ専用

表紙w彼が誰かは本編でどうぞw今回は桂、坂本、銀さんたちそれぞれの闘いということもあってか、全体的にギャグ多くてやっと少しずついつもの「銀魂」に戻ってきたようで嬉しかったです^^桂と坂本の本気の闘いってなかった(よね?)からすごくカッコ良かったし、幼少期や攘夷志士時代を共に過ごしてきた彼らだからこその絆の強さも改めて感じられて良かった!そして、やっと喜々のこと少しだけだけど許せたかも。神楽たちの話は次ですね~。それにしても空知先生が、ベッ○ーのこと触れててそれが一番面白かったわw

2016/03/12

すい

まず表紙にビックリ!あんた誰?と問いたい。前巻のラストのシリアスからは全然結びつかなくて、思わず1冊飛ばしちゃったかと思ったじゃないか(笑)でもそれ以外は最高な1冊。ヅラが臆病になってしまった理由とか本当に侍だなって感じる。だからこその「桂じゃない、ヅラだ」に感動。ここにきて桂の株が私の中で急上昇。基本アホなヤツなのに困ったぞ。坂本さんの戦い方も男らしくて良い。信じぬくことこそが正義。それにしても、銀時の相手はアレでいいの?案外あっさりだったような。それにしてもパクヤサって・・・。きっともう出てこないな。

2016/04/18

眠る山猫屋

〝しろやしゃ〟じゃなくて、〝パクヤシャ〟だったわけね・・・。凄い表紙詐欺です(苦笑) 桂や坂本が漢を魅せる中、銀時は相変わらずマイペースでした。三凶星との闘いは一冊で綺麗にまとまりましたが、高杉の窮地はまだまだ続くようで・・・。

2017/03/29

TANGO

表紙、ホントにどうしようかと思ったけど、そういうことならよかった、っていうか、そういうところが銀魂だよなー、と妙に納得。複雑に絡み合った関係の中で、信じられるものがあるのは、強い。まだまだ楽しませてもらえそう。

2016/03/13

感想・レビューをもっと見る