読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 4 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 4 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 4 (ジャンプコミックス)

作家
横田卓馬
出版社
集英社
発売日
2016-04-04
ISBN
9784088806556
amazonで購入する Kindle版を購入する

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 4 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

瀧ながれ

あえて言おう、これは宮大工巻!大会のあいだ中、土屋・亘理組に気を取られていた彼が、とうとう殻を破るクイックステップは、会場ぜんぶ、観客をも巻き込んだ一体感に、なんでこのまんが音が聴こえないんだろうかと残念に思う(両手はページを持ちながら、心で手拍子を打っている、わたしも)。そしてもちろん安定のターニャかわいい、亘理さんかわいい。八巻せんぱいちょっとだけ見直しました。巻末おまけに爆笑。みんな言ってるけど、「黄金時代」の男子選手は、まとめてなんか呪いでもかけられたの?

2016/04/05

まろんぱぱ♪ 

四種目制覇おめでとう!な勢いのある巻でした。少年ジャンプの王道、ドンドン強いライバルが登場して、ドンドン主人公が成長する。個性的なキャラクターが増えた、おかげでターニャ&御木コンビの影が薄れる、ああ、ターニャ好きなのにい(笑)宮大工・柏ペアの成長が面白かったけど、早すぎないか。安易なペアの恋愛モノにはしてほしくないなあーはワガママかな?

2016/09/22

めりた@かりた

長男借本 可愛い!二人とも可愛いwwwってかみんな可愛かった!!一年生組も二年生組も三年生組もみんな、ダンスが楽しくってしょうがないって想いがビシバシ伝わって来ましたねぇ(*´∇`*) 読んでてニマニマが止まらなかったです。ダンスではまだまだなツッチーワタリ組ですが、表情が本当にイキイキしててワクワクしててドキドキしてて、ミッキーターニャ組にも宮大工柏組にも負けてなかった…って思ったら他の組もスッゴい楽しそうに踊ってて、もう順位なんてどうでもいいや( 〃▽〃)

2016/04/04

トラシショウ。

全国大会への道筋を占うダンス大会で炸裂する八巻・椿コンビの秘策、宮大工の覚醒、そして土屋・亘理コンビの「普通」。三年前と現在の写真、金龍院先輩明らかに身長は縮退してるのに(主に)顔面の体積は膨張してるの何なの・黄金世代の呪いなの(笑)。どちらかと言えば敵対的な立場の者から客観的に主人公の技術向上を見せる、と言う定石通りの展開なのに胸踊る造りなのは、宮大工君のドラマがただそれだけの踏み台に終わらない堅牢な物だから。他人と競い、ペアで共に歩み、何より「楽しく」。それがダンスの妙味なんだな(以下コメ欄に余談)。

2016/04/24

カラシニコフ

二年生コンビが熱いのと、宮大工が一周廻ってかっこいいのと、出オチでしかないと思っていた金ちゃんが普通に凄いのと。 ★★★☆☆

2017/04/11

感想・レビューをもっと見る