読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プラチナエンド 2 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 2 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 2 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2016-05-02
ISBN
9784088807096
amazonで購入する Kindle版を購入する

プラチナエンド 2 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

二転三転なんてどころじゃない急展開の連続に唖然呆然。まったく出し惜しみということをしませんな。デスノート序盤のドライヴ感再び。デスノートばりの知略の応酬がすでに猛烈な勢いで叩き込まれる。作品がどこに向かうのか、まるでわからないワクワク感。内容はデスノートを想起させるのに、明らかにデスノートとは反対の地平を目指していることはハッキリ伝わる。全編先が気になって、あっという間に読めた。

2016/05/02

皐月

高校の入学式に出かけた明日は、花籠咲に背後から「赤の矢」を刺されてしまう。咲ちゃんの天使ルベルから「咲には「矢」から逃げる翼がない 咲の「翼」になってほしい」と言われ、アッサリ受け入れる明日。簡単にOKして大丈夫なのかって思ったら、明日の天使のナッセは「純真無垢」の特級天使だった。メトロポリマンが動き出し、TVを通して、残りの神候補11人に「神保球場」を貸し切ったから日曜の15時に来て欲しいと呼びかける。危険を承知で「神保球場」にやって来た明日と咲。こっからちょっと話がごちゃごちゃして分かりにくいな。

2021/03/06

wata

背後から刺されてメロメロ倍増(笑)!一人で居るより良いと思うけど。メトロポリマン、なんでこんな人が天使に選ばれたのか…。見る眼がない天使(-_-;)

2017/03/22

Jima

残酷な描写と綺麗な絵柄で惹き付けられる。純真無垢な天使の恐さが良い。どうなっていくかまだまだ、わからない。デスノートのように分かりやすくないのは難点。

2016/05/10

くりり

ミライに刺さった赤い矢、ぶっとんだメトロポリマン、しかしミライの天使は純真無垢、ある意味ぶっちぎりで怖いかも...

2017/03/20

感想・レビューをもっと見る