読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス)

作家
空知英秋
出版社
集英社
発売日
2016-11-04
ISBN
9784088808031
amazonで購入する Kindle版を購入する

「銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス)」の関連記事

本好きが選ぶ今週のおすすめコミックランキング!!【11月第4週】

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「コミック」のランキング(男性部門・女性部門)を毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「コミック」を男性部門・女性部門に分けて発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

コミック(男性)部門

1位

ローカル女子の遠吠え(2) (まんがタイムコミックス) 瀬戸口 みづき

2位

銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス) 空知 英秋

3位

レイリ(1)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) 岩明 均(原作),室井 大資(漫画)

4位

レイリ(2)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) 岩明 均(原作),室井 大資(漫画)

5位

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンKC) 桑原 太矩

6位

BLEACH―ブリーチ― 74 (ジ…

2016/11/22

全文を読む

「ルフィじいさんとゴンじいさんしか…」『銀魂』最新巻の空知英秋のコメントが切なすぎると話題

『銀魂』66巻(空知英秋/集英社)

 2004年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている、大人気漫画『銀魂』の最新巻が2016年11月4日(金)に発売された。だが今回、作者コメント欄に書かれた空知英秋のコメントが切なすぎると話題になっているようだ。  作者の空知は「別に示し合わせたわけでもないのに、ジャンプの長期連載が同じような時期に締めに。同じ電波でも拾ったのか、何にせよ一緒に走ってきた方々が少なくなっていって寂しいこの頃です」とコメントしており、その上部には腰が曲がり杖をついた『銀魂』の主人公・坂田銀時の後姿と、その前を走る『ワンピース』のルフィと、『HUNTER×HUNTER』のゴンが前を走っている姿が描かれている。  そしてその中には「あれ? いつの間にかルフィじいさんとゴンじいさんしか前におらんぞ」という言葉が…。これには「せ、切なすぎるんだが…」という声がネットに上がっている。

 『週刊少年ジャンプ』で長期連載作品が怒涛の連載終了ラッシュを迎えたことで、『銀魂』は『ONE PIECE』『HUNTERXHUNTER』に次いで、3番目の古株に…

2016/11/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こうじ

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎5/5 面白かった(*^_^*)前半はシリアス過ぎて話の内容なんだっけなと思い出せなかったけど、後半、主人公の銀魂出てくると楽しいですね!(*^_^*)なんか、銀魂も終わりそうな雰囲気だよ〜

2016/11/05

すい

この表紙が全てを物語っている66巻。朧は誰が何と言っても松陽の一番弟子だよ。だから弟弟子たちは朧の想いも胸に、虚を倒さなくてはならないね。それにしても、初めてカッコイイ長谷川さんを見たと思ったら・・・・・・(笑)

2016/12/14

眠る山猫屋

解放軍の来襲、そして弟子たちの決着。朧の心中いかばかりか。そして長谷川さんのカッコ良さ。入国管理局だったんだぁ。いや、ホントにカッコ良かった・・・?!

2017/04/29

そうか〜ゴンじいさんとルフィじいさんだけになってしまったか。長期連載作品はほぼ読んできたけど、寂しいものですなぁ。今のジャンプほとんどわかんないってい・・・年寄りのセリフですねw 虚の正体がほぼ明らかに。一瞬覚醒した長谷川さんはちょっとカッコよかった。都知事に吹いた。読み終わってから表紙を見ると切ない〜。

2016/11/07

舞人(maito)

本当に倒すべき敵、守るべきものが見えた。そして物語は最終章へ。ちょっと難しい?話しや思いも寄らなかったきちんとした世界観(笑)の説明があり、最終章は全宇宙を敵に廻すことになりそうだ。物語当初はこんなきっちりとした設定があるとは発想がなかった(笑)連載時にアルタナ説明読んでたら悶絶していたかもな・・・それにしても朧が松揚門下を目の敵にした理由が意外すぎて途中から驚きから悲しみに代わり、最終的には泣きそうになったよ。

2016/11/05

感想・レビューをもっと見る