読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プラチナエンド 8 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 8 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 8 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2018-04-04
ISBN
9784088813707
amazonで購入する Kindle版を購入する

プラチナエンド 8 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

メトロポリマンがまさかの赤い矢...あいつら本当に天使?それとも悪魔?

2018/07/21

陸抗

メトロポリマンとの戦いは、明日達の勝利で終わったものの、メトロポリマンもまた、別の人間に操られていた。どの時期から操られていたかはあやふやだけど、奏の友人が今後のキーパーソンになったりするのかな。六階堂は、目標を達成して満足そうに逝ったけど、奥さんは理解するかどうか…。

2018/04/05

レリナ

メトロポリマン戦決着。まだ戦いは続くかもしれないと思ったが、この巻で決着がついたのは良かったと思う。まだ姿を見せていない神候補はいるので、主人公がどうこれから戦っていくのか、楽しみ。黒幕がまだ生き残っているので、メトロポリマン以上の戦いになるかもしれない。これから主人公達がどう行動を取るかは次巻からのお楽しみだが、新たな仲間ができるのか、敵になるのか、楽しみは尽きない。次巻に期待。

2018/04/07

アキナ

1度読んだらよくわからなくて2度読んでやっと理解。六階堂さんが退陣して新たに出てきたキャラはショタ。ポリマンもまさか赤の矢さされるとは思ってなかっただろうに油断してたんだな。明日が頼れる大人がいなくなってしまった、さきちゃんを守りながら明日はしっかりと生きられるのだろうか。新たな大人キャラ、期待してます。

2018/04/05

地下鉄パミュ

赤の矢が『何でよ』で・・・そう来ましたか。トランプも『何なのよ』で・・・そうだったか。問題は解決されたように見えるけど、終わる訳無いよね・・・ジャンプ王道展開に期待もあるが、不安の方が大きい。六階堂が『エゴ』とわかりつつも、満足そうに燃えつきたのは悲しいが良かったと言うべきだろう。

2018/05/04

感想・レビューをもっと見る