読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Dr.STONE 5 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE 5 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE 5 (ジャンプコミックス)

作家
Boichi
稲垣理一郎
出版社
集英社
発売日
2018-04-04
ISBN
9784088813813
amazonで購入する Kindle版を購入する

「Dr.STONE 5 (ジャンプコミックス)」の関連記事

「相変わらずエロい」『Dr.STONE』『ゆらぎ荘の幽奈さん』の水着イラストに絶賛の声続出【ジャンプ24号】

『週刊少年ジャンプ』24号(集英社)

 2018年5月14日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』24号では、『Dr.STONE』と『ゆらぎ荘の幽奈さん』がセンターカラーで登場。2作とも夏を先取りした水着イラストとなっており、「水着対決めちゃくちゃ最高だな!」と歓喜の声が続出している。

『Dr.STONE』はすべての人間が石化した世界を描いた“SFサバイバル冒険譚”で、現在は携帯電話を一から作る“ケータイ編”を展開中。センターカラーとなる扉絵では、海の中で何かの実験をしている千空と、両手にポンポンを持った水着姿の美人姉妹・ルリとコハクの姿が描かれている。読者からは「水着のデザインが素晴らしい」「もうすっかり夏気分になってしまった!」と大好評だ。

 一方“ゆらぎ荘”でのドタバタを描いたラブコメディー『ゆらぎ荘の幽奈さん』は、幽奈と狭霧、千紗希の3人がおそろいのピンクの水着で登場。3人は一つの浮き輪に胸をのせたポーズをとっており、頭には真っ赤なハイビスカスの髪飾り。「相変わらずエロい」「3人につかまれてる浮き輪になりたい」「ドクターストーンも新鮮だけどこっち…

2018/5/19

全文を読む

ジャンプ『Dr.STONE』連載1周年突破! キャラクター人気投票開催!

『週刊少年ジャンプ』20号(集英社)

 2018年4月16日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』20号の表紙&巻頭カラーに『Dr.STONE』が登場。カラーページでは特集も組まれており、ファンからは「巻頭カラーのイラストが素晴らしい!」「まさかジャンプで科学の実験が見られるとは」と歓声が巻き起こっている。

 同作は、謎の現象に巻き込まれ一瞬にして人間が石と化した世界を描くSFサバイバル冒険譚。原作・稲垣理一郎、作画・Boichiのタッグによる作品で、連載1周年を記念して表紙&巻頭カラーを飾ることになった。

 巻頭カラーでは、見開きページに主要キャラクターの千空・クロム・コハクらが冒険家スタイルで登場。「まだまだ進むぜどんどん行くぜ!! 目指すはでっかい宝島!!」のコピー通り、洞窟の中で原石の採掘に挑む勇姿が描かれている。

 続くカラーページでは“メカ千空”によるQ&Aを掲載しており、「本当に手作りのガラス細工でフラスコなんか作れるの!?」という疑問について実際に検証。ガラスとは「人類が歴史上初めて科学で合成した人工資材」で、“柔らかくする・形を整える…

2018/4/21

全文を読む

関連記事をもっと見る

Dr.STONE 5 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

ジャンプ漫画らしいトーナメントバトルに入ったが、ちゃんと科学を使って勝ったりするのが、律儀で嬉しい。そしてついにできたサルファ剤。なんか作るまで長かったような気がするがまだ5巻だよな。終盤はまた、さらに風呂敷を広げてきた。

2019/09/23

トラシショウ。

村の伝承を口伝で語り継ぐ巫女であるルリの命を救う為、その為の「万能薬」=サルファ剤精製のラストアイテム・「酒」入手のカギを握る族長を決める御前試合の決着から、遂にルリの口から語られる伝承の真実開示まで。伝承・「百物語」の百話目のタイトルと村の名前、そしてこれまで物語を牽引してきた千空の「苗字」が明かされる時、3700年前のあの日に何が起こっていたのか、その真相の一端が明らかになる。ミクロな御前試合から始まり、マクロな人類全体の行く末まで全速力で駆け抜けるスピード感が止まらない面白さ(以下コメ欄に余談)。

2018/04/06

むっきゅー

神巻。ついにサルファ剤完成までたどり着いた!ここまで積み重ねた科学技術の集大成。これは感動するわ。ルリ姉の病気も克服し、ついに明かされた巫女の伝承話に隠された村の秘密。それは、数千年前の時を越えて千空に繋がれた、人類復興のための重いバトン。この展開は心が熱くなる。...トーナメントは、千空がゲスすぎて笑った。ジャンプ主人公らしさ皆無!

2018/04/08

わたー

★★★★★波乱だらけの御前試合。圧倒的に不利な状況に科学の力と執念で立ち向かう。最高に熱かった。そして念願の酒を手に入れた千空は遂にサルファ剤の精製に成功、村に隠された真実を知る。ワクワクが止まらない。

2018/04/08

レリナ

千空によるサルファ剤作りクライマックス。トーナメントも終わり、ルリは救われた。今回村の謎が明らかになり、テンポよく話が進んでいて、読みやすい。千空の科学力はすごいなとしみじみそう感じる。ここまでテンポよく読みやすい漫画はそうない。次巻からの展開がどうなっていくのか、非常に楽しみ。千空の新たな科学力に期待したい。次巻に期待。

2018/04/06

感想・レビューをもっと見る