読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

この音とまれ! 17 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 17 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 17 (ジャンプコミックス)

作家
アミュー
出版社
集英社
発売日
2018-04-04
ISBN
9784088813899
amazonで購入する Kindle版を購入する

この音とまれ! 17 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

新入部員二人の回想、自分の居場所が見つかって良かった。

2018/07/22

wata

大好きなおじいちゃんだったのに…(T_T)このお別れの仕方は一生後悔する。でも、良い仲間と一緒に琴の世界に戻ってこれて良かった…。

2018/07/22

薫子

コータかっこいいな、おい。モモヤンの心の奥にある想いもちゃんと感じ取れてるんだなぁ。チカとさとわ、武蔵とヒロの2人にもニヤニヤしちゃうんだけど、オマケの「じれったい」のコータも魔性過ぎて悶える。

2018/04/05

けろり

新入生二人と共に、成長する愛と光太。百谷に“自分のことはちゃんと自分で決めて”と言った光太は格好良かったです。武蔵と妃呂が3年生で、1,2年生は幸せなんじゃないかなと思います。愛とさとわの恋模様も気になりますが、ミッツのことも気になります。

2018/04/04

いぼいのしし

コータがかっこよかった。由永君の前髪を切りたいなあ。

2020/12/20

感想・レビューをもっと見る