読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジョジョリオン 17 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 17 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 17 (ジャンプコミックス)

作家
荒木飛呂彦
出版社
集英社
発売日
2017-12-19
ISBN
9784088814438
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ジョジョリオン 17 (ジャンプコミックス)」の関連記事

荒木飛呂彦が『ジャンプ』を語る! レジェンド作家SPインタビューにファン大興奮

『週刊少年ジャンプ』12号(集英社)

 2018年2月19日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』12号に、荒木飛呂彦のスペシャルインタビューが掲載。荒木から見た同誌のイメージや影響を受けた作家などのエピソードが語られ、「興味深い話ばかりで素晴らしい」と感動の声が相次いだ。

『ジャンプ』創刊50周年記念企画のひとつである「レジェンド作家スペシャルインタビュー」。これまでに『ドラゴンボール』の鳥山明、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の秋本治、『SLAM DUNK』の井上雄彦が登場しており、今回は4人目のレジェンド作家として荒木が登場。荒木は1982年に『魔少年ビーティー』で初連載を果たし、1987年から連載を開始した『ジョジョの奇妙な冒険』が大ヒット。現在は『ウルトラジャンプ』でシリーズ8作目の『ジョジョリオン』を連載中だ。

 荒木は、80年代から90年代初めにかけての『ジャンプ』を「無駄のない抽象絵画のような漫画ばかりのおそろしい表現媒体」と表現。高橋陽一や車田正美の作品がシンプルさを追求していることに興味を持ち、キャラクターの書き方やストーリーの作り方を…

2018/2/21

全文を読む

手塚治虫以来28年ぶり2人目!「荒木飛呂彦原画展」国立新美術館で開催決定に大反響

 2018年夏に、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ30周年を記念した「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」が開催されることが決定。国立新美術館という歴史ある会場で行われるとあって、「これは行くしかありえないッ!」と歓喜の声が続々と寄せられている。

 1987年から連載開始となった同作は、ジョースター家の血縁と因縁を描いた物語。荒木は独創的なタッチのイラストで印象的なポージングやセリフを数多く生み出し、誰にも真似出来ないような独自の世界観を築き上げてきた。

 2017年には、30周年を記念して様々な企画が実施されてきたが、今回の原画展はその集大成となるもの。肉筆原画はもちろん数々の技術を駆使した『ジョジョ』史上最大規模の展示が予定されている。荒木は個展開催にあたって直筆メッセージを寄せており、「大変名誉ある場所でJOJO30周年の集大成を皆さまの前にご披露させて頂けることは、本当に光栄であります」と喜びを表現。原画展のコンセプトについては「キャラクターたちと守り神たちが同じ時刻、同じ場所に会するイメージ」と述べ、新作画の執筆も計画中であることも明…

2017/12/24

全文を読む

関連記事をもっと見る

ジョジョリオン 17 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

❁かな❁

前巻で植物鑑定人の豆銑礼と合流し、これからというところで新たな敵の気配があり…。康穂ちゃんはリフトから落とされて大ピンチでハラハラドキドキ!岩人間アーバン・ゲリラのスタンド「ブレイン・ストーム」の攻撃が怖くて気持ち悪かった。豆銑礼の能力は6部の徐倫みたい!やっぱり定助のS&Wは色んな使い方できてスゴイ!ラストに出てきたプアー・トムもちょっと気持ち悪くて苦手(笑)17巻まできてもラスボスがわからなくて謎が深まるばかり。どんな風になっていくんだろう?定助のキャラは好きだけどやっぱり5部やSBRが好きだなぁ。

2018/01/24

ヘビメタおやじ

いよいよロカカカカの実を巡る抗争が本格化してきました。東方家のお家騒動の様相も見えてきて、話がどこへ向かうのか目が離せません。ソラティ・ドが気持ち悪いです。ここのところのスタンドは、ちょっと直接的なものが多い気がします。捻りの利いたスタンドの登場を期待します。

2018/04/01

眠る山猫屋

やや薄め?の17巻。17巻になってました!まだまだ出てくる岩人間。今回は岩ペットまで登場。ツーマンセルは手強いのがジョジョの定説。地下からの攻撃を乗り切る為には、やはり信頼と決意が必須でした。定助のスタンドの性質が新たに解明され、植物鑑定人が頼もしい味方に。今までは定助がフォローする場面が多かったけれど、これからは肩を並べられるような存在が現れて良かった。

2017/12/20

たいぱぱ

これは懐かしの映画『トレマーズ』みたいだな。荒木さん好きなのかな?このところすっかりわかりにくくなったスタンド能力は相変わらずだけど、植物鑑定人のキャラは久々に強力な仲間感が漂う。

2018/10/26

Y2K☮

謎謎謎。これまでのシリーズであれば「ラスボス」の存在が明らかになっている段階。でも今作は17巻になっても、まだその辺が不確か。第4部のパラレルワールドを装いつつ、敵に関しては第2部の様であり、でも豆銑さんの能力はアレと似ている。東方家の人間のスタンド名に「キング」縛りがあるのなら、いずれあの人のアレが……こんな風に妄想の翼を広げる時間もファンにとっては贅沢な喜びだ。そして毎度惹き込まれるのは、追い詰められた状況で見せる一瞬のひらめきと決断力。ジョジョを愛読すると逆境への耐性が少しだけ上がる、かもしれない。

2017/12/20

感想・レビューをもっと見る