読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Dr.STONE 7 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE 7 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE 7 (ジャンプコミックス)

作家
Boichi
稲垣理一郎
出版社
集英社
発売日
2018-09-04
ISBN
9784088816104
amazonで購入する Kindle版を購入する

「Dr.STONE 7 (ジャンプコミックス)」の関連記事

ジャンプ『Dr.STONE』アニメ化決定に歓喜の声続出!「大人も子供も楽しめるアニメになりそう」

(C)米スタジオ・Boichi/集英社

 2018年11月19日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』51号で、大人気科学漫画『Dr.STONE』がアニメ化されることが明らかに。同号の表紙と巻頭カラーも飾り、「これは絶対アニメ映えする作品だ!」「こんなに早くアニメ化が決まるなんてさすが」と注目を集めている。

 原作を稲垣理一郎、作画をBoichiが手がける同作。ある日地球を不思議な光が包み込み、人類は一瞬にして石化してしまった。しかし高校生の大樹は、果てしない時を経て石化から復活。科学に詳しい友人・千空と共に、石化した世界“ストーンワールド”で文明をイチから作り直すことを決意する―。

 作中では火薬やガラスの作り方をはじめ、発電機や抗生物質といった現代にも欠かせない科学アイテムが次々と登場。千空が本物の科学技術や物理現象を解説しながら進む物語は、「普段当たり前に使っているものがいかにありがたいか実感する」「小難しいこと言ってるのにサクサク読めるスピード感が面白い!」「ギャグっぽいのに科学をちゃんと学べるなんて驚き」と大好評だ。

『ジャンプ』51号にはとじ込み…

2018/11/22

全文を読む

「熱すぎる表紙!」『Dr.STONE』表紙&巻頭カラーにファンから絶賛の声【ジャンプ45号】

『週刊少年ジャンプ』45号(集英社)

 2018年10月6日(土)発売の『週刊少年ジャンプ』45号では、『Dr.STONE』が表紙&巻頭カラーで登場。敵対関係にある千空と司が真正面から向かい合う表紙に、読者からは「表紙が強い… かっこいい!」「千空と司があまりに綺麗で思わず声出た」と感嘆の声が上がっていた。

 同作は、一瞬にして世界中すべての人間が石と化す謎の現象に巻き込まれた高校生・大樹と千空(せんくう)の姿を描いたサイエンス・ファンタジー。数千年後、自然に覆われた世界で目覚めた大樹と千空は、ゼロから文明を作ることを決意する―。

 同号の表紙では「創造×破壊 全面戦争」というアオリに加えて、まっすぐ睨み合う千空と司の姿が描かれている。これには読者から「これぞ少年ジャンプって感じの熱すぎる表紙! ホレボレする」と絶賛の声が続出。

 他にも同号では、2色カラーの質問企画ページに“周期表”が登場。原作者である稲垣理一郎は、自身のTwitterで「なんと周期表が掲載されております! ジャンプに周期表て笑!」とコメントしている。

 “科学と力”の激しい戦いを描き…

2018/10/11

全文を読む

関連記事をもっと見る

Dr.STONE 7 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

とりあえずケータイはできたが、とても携帯できるサイズじゃなかったな。しかしまあ、電波を作ってしまうあたりは驚いた。レコードも出てきてちゃんと音声を聞けたし。これらを使ってどう活用するか?は次巻に持ち越しだね。

2019/09/23

トラシショウ。

「三人仲良く地獄に堕ちて、かわりに世界を、70億人を救おうぜ!!」。現代最強の武器=「ケータイ」製作編の続き。バッテリーと電球完成からスカルノ鉱床での探掘でのマグマとの衝突と和解、モノづくりにたけた老人カセキの心の救済、千空の誕生日イベントを挟んでの父・百夜の遺した「切り札」の発見が、VS司帝国の無血開城の可能性を示唆する。タングステン採掘やプラスチック生成等、膨大な工程を乗り越え遂に(この世界なりの)ケータイが産まれるのには流石に感無量。いよいよSTONE-WARS開戦の鐘が鳴る(以下コメ欄に余談)。

2018/09/12

むっきゅー

科学の楽しさワクワク感がすごいな。そして、クロムやカセキ爺、メンタリスト、マグマと心が通じあい、村全体が一丸となって科学がどんどん進歩していく様子が熱い!今巻は、無線通信に必須の部品である真空管がテーマ。半導体でもいいんだけど、これがないと音声を電波に乗せられないですね。そして、親父が残したレコードが発見され、千空に残された肉声メッセージが最高!そして、このレコードとケータイ(巨大すぎて持ち運びが大変)を組み合わせた、起死回生の作戦が実行されたっ!次巻に続く。

2018/09/04

レリナ

携帯電話完成。千空達の科学力はすごいな。感心。話のテンポも相変わらずいいし、面白い。司帝国との戦いもいよいよ開戦。入念な下準備も出来ているし、千空達なら勝ってくれると信じてる。一巻から衰え知らずな話の勢い。ここまできたら完結まで読み続けたい。これからの話の展開が非常に楽しみ。次巻予告ではさらに何か作る模様。次巻に期待。

2018/09/10

緋莢

司帝国と戦うための重要アイテム「ケータイ」の発明に乗り出した千空たち。水力発電所→バッテリー→(鉱石・タングステンを入手しての)真空管と段階を踏んでいく必要があります。そんな中でも石炭の燃えカスが必要という時には 暖炉を作成。電線を任されたスイカら、子どもたちが暖かい中、作業ができるという利点つき。「作っているのは全く別の無関係のものなのに こうしてどんどん村が豊かになっていくのだな――」、「ああ そういうもんだ 科学っつうのは」 (続く

2018/10/04

感想・レビューをもっと見る