読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

憂国のモリアーティ 7 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 7 (ジャンプコミックス)

憂国のモリアーティ 7 (ジャンプコミックス)

作家
三好輝
竹内良輔
コナン=ドイル
出版社
集英社
発売日
2018-11-02
ISBN
9784088816272
amazonで購入する Kindle版を購入する

憂国のモリアーティ 7 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はな

モリアーティ側みんなイッケメン(๑´ڡ`๑)悪い顔が超似合う(笑)いよいよジャック・ザ・リッパーが登場。ここでこうくるかぁ〜と、さすがウィリアム。悪が退治されてく様子はすかっとする。

2019/11/24

星落秋風五丈原

ホワイトチャペルでぴんときた方もいるように、本編と次巻ではヴィクトリア朝きっての猟奇殺人が登場。聖典では絡まなかったはずのホームズもレストレード警部の珍プレゼンではなく自らの興味で捜査を開始。ウィリアムは元々有名なニックネームの持ち主だった人間と知己で、彼から依頼を受けたことからこの事件に挑む。ラストでウィリアムが呟くのは「地獄はもぬけの殻だ。すべての悪魔は地上にいるHell is empty and all the devils are here.」(シェイクスピアの「テンペスト」)地上にいた悪魔とは?

2018/11/03

よっち

男装のジェームズ・ボンドになったアドラー嬢が仲間たちに認められるまでと、切り裂きジャックを巡る事件に挑むウィリアムたち。一緒の更衣室にモランさん過剰反応しすぎじゃないですか?と苦笑いしつつ、難しいギリギリの作戦を繋いでいく仲間たちの信頼関係が良かったですね。

2019/01/26

はつばあば

「切り裂きジャック」は大昔の話だと思っていましたが、生まれる60年前の話やとなったらめっちゃ身近に感じました。貴族と平民の格差、富める者はハドメのかからん富を持ち、貧乏人は底なしに落ちていく。今も昔も変わらん。世界のあちこちで小競り合いがあり人が多数亡くなっている。どの国も経済的に行き詰ると武力行使へと繋がる。ジャックザリッパーを名乗る偽者の偽者・・。私達はコミックであれBLであれ「指針」を受け入れればいい。やるべきことから逸脱しなければ自分で考えて行動しろと(#^^#)

2019/07/31

直人

『切り裂きジャック』編。 離れようかなあと思っていた矢先,6巻巻末が鳥肌ものだったのと,この7巻で採りあげられたのが“切り裂きジャック”だったので継続。 なんとかキャラクターの見分けもつくようになってきたしなw。 前巻末の盛りあがりがすさまじかったせいか,ジャックに関しては「へえそう」程度で,さほどビックリがなかったのは残念。 次巻の完結編に期待だな。

2018/11/05

感想・レビューをもっと見る