読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ジョジョリオン 20 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 20 (ジャンプコミックス)

ジョジョリオン 20 (ジャンプコミックス)

作家
荒木飛呂彦
出版社
集英社
発売日
2019-03-19
ISBN
9784088817774
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジョジョリオン 20 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たいぱぱ

『スティールボールラン』からスタンド能力が複雑になりすぎてわかりにくい。周囲のファンでも「意味がわからない」と漏らす奴らもいます。それでもストーリーが面白かったらいいんだけど、やっぱりちょっと落ちてしまってますね。第5部のアニメを見てると「この頃は面白かったのにな~」と思わずにはいられません。

2019/04/13

眠る山猫屋

ロカカカの果実を巡る争奪戦。ジョジョに時々現れる〝最弱が最強〟タイプのスタンド使いドクターウー。エンヤ婆に近いかな?密葉さんのスタンドの方が、多様性を感じる。ジョジョシリーズにしてはアダルトさを匂わせる点も散見された20巻でした。

2019/03/31

トラシショウ。

ロカカカの「枝」捜索の為にTG大学病院に侵入した康穂と、奇妙な「治療」を受けていた常敏の妻・密葉の直面する、謎めいた医師・羽伴毅(うー・ともき)のスタンド「ドクター・ウー」との戦いの顛末。スタンド名がほぼ自分の名前、というのもなかなか珍しい様な(※実際はスティーリー・ダンの曲名)。細胞や粒子レベルに自身を分解、再構築出来、人体の如何なる箇所にも侵入、同化可能という恐るべき能力だったけど、スタンド同士の相性の問題かヤケに呆気なく倒されたな(笑)。未だラスボス不在のままに進みつつあるなぁ(以下コメ欄に余談)。

2019/03/27

Y2K☮

前巻は物足りなかったけど今回は白熱。ドクター・ウーの是非。プッチ神父や大統領がそうだったように、公のためとか社会全体の幸福とか云いつつ、結局は己の都合で何も知らない他人を利用しているだけ。等価交換が自分の中で完結する内はまだいいが、いずれ他人に不幸だけを押し付ける方向へ行くのは必然。人類のために自分は生き残らねばならない、おまえらは尊い犠牲になれと。冗談じゃない。ただ密葉さんの迷いの無い選択には女性の、そして母親の凄みを感じた。「良かった」と云えてしまう点も含めて。あれはもう理屈じゃない。頭が下がります。

2019/03/20

karatte

まず康穂がペイズリー・パークを出したときの安心感。ほんと汎用性が高いスタンドだ。ハッカー万歳。そして密葉のシンプルなスタンドも、その抽象性故に応用が利くので今後が楽しみ。今回は定助の出番ないかな? と思ったら最後でおいしいとこ持っていった。しかしこのシリーズ、ラスボスが全然見えないな……独自の哲学を持つドクターウーもあっさり退場。でもってさり気なく現れた康穂の元カレ(!)、単なるモブかそれとも……??

2019/03/31

感想・レビューをもっと見る