読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チェンソーマン 2 (ジャンプコミックス)

チェンソーマン 2 (ジャンプコミックス)

チェンソーマン 2 (ジャンプコミックス)

作家
藤本タツキ
出版社
集英社
発売日
2019-05-02
ISBN
9784088818313
amazonで購入する Kindle版を購入する

チェンソーマン 2 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

デンジは突き抜けているので、パワーの胸を三揉しただけで、世界の真理に気付いてしまった。本物だと思った胸はパッとであり、気持ちの良いものだと思った胸は、虚しさを感じる。夢を追い続けていた方が幸せなのか?の問いに、マキマが答える。銃の悪魔を倒してくれるのなら、セックスでも何でもしてやる。マキマの怖さとデンジのバカ正直さは何とも言えない。マキマの目的も分かり、公安対魔特異4課のメンバーとしての勤務。8階から抜け出せなくなり、デンジは眠り、アキの過去が語られる。不思議な読み心地だけど、続きが気になる作品です。

2020/11/28

眠る山猫屋

期待のコミック、良かった連載続いてる(笑)前作ファイアパンチより画力も格段に上昇、物語もより分かり易く。ラスボス(?)の存在も語られ、早川先輩の過去も徐々に明らかに。物語として纏まってきました。次はチーム戦の様相だが、姫野先輩がキーパーソン?狐だの幽霊だの使役する悪魔がカッコいい。でも一番カッコいいなと思ったのは、週刊少年ジャンプでの喫煙描写!媚びてないね!!

2019/05/04

如水

2巻は晴れて公安の犬(?)になれた主人公デンジ。己の欲求のまま純粋に生きて行く…ってアンチヒーローじゃね?と思われがちだけど、主人公の生い立ちを考えれば…納得💧僕らが抱える様な欲望と差が有り過ぎる(いや、○欲を除けば、ですが)!!「夢バトルしようぜ!夢バトル!!」と言うシーン何かは『うん、その夢でも良い』と思えた程。中々の名シーンだと思われます。しかし…みんなが悪に見えてくるのは僕だけだろ~か?デンジの新たな夢(目標)も見付かり、デビルハントをチーム戦で…でどうやって危機を脱出するか?と言う所で終了~。

2020/05/27

exsoy

(胸の話と思わなければ)デンジが深いこと言ってた

2019/05/10

くりり

悪魔以上に悪魔らしいマキマ、胸詐偽の魔人パワー、胸を揉んで世界を救う?

2021/02/24

感想・レビューをもっと見る