読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕のヒーローアカデミア 24 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 24 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 24 (ジャンプコミックス)

作家
堀越耕平
出版社
集英社
発売日
2019-08-02
ISBN
9784088818801
amazonで購入する Kindle版を購入する

「僕のヒーローアカデミア 24 (ジャンプコミックス)」の関連記事

「切島くんらしい覚悟に感動した」 アニメ「僕のヒーローアカデミア」第72話、切島鋭児郎の中学時代に歓喜の声

『僕のヒーローアカデミア』25巻(堀越耕平/集英社)  2019年12月14日(土)放送のアニメ「僕のヒーローアカデミア」第72話に、中学時代の切島鋭児郎が登場。雄英高校入学を決めた時のエピソードが描かれ、「垢ぬけてないところがめっちゃ好き」「切島くんらしい覚悟に感動した」と歓喜の声が相次いでいる。  指定敵団体「死穢八斎會」に囚われている少女・壊理を救い出すため、死穢八斎會の本拠地内を奔走するプロヒーローと生徒たち。切島は仲間をかばおうとして、太った体のファットガムと共に別の場所に飛ばされる。そこで待っていたのは、戦闘狂の乱波とバリアを作り出せる天蓋。切島は“個性”を駆使して立ち向かうが、乱波の圧倒的なパワーに負けてしまう。  動けなくなった切島を守るため、ファットガムは自分の脂肪で乱波の攻撃を吸収。切島はボロボロになっていくファットガムを見て、「あの頃と… 何も変わってねぇじゃねぇか」と今より弱かった中学時代を思い出す。  当時の切島は黒髪で、“個性”も少し体が硬くなる程度の能力。しかしヒーローへの憧れは誰よりも強く、「心に男気がありゃ、個性…

2019/12/20

全文を読む

「暗号が解読された瞬間ゾッとした…」『ヒロアカ』245話、超常解放戦線の“目的”に驚きの声続出!

『週刊少年ジャンプ』45号(集英社)

 2019年10月7日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』45号。『僕のヒーローアカデミア』ではホークスが託した“暗号”の内容が明らかになり、「解読された瞬間ゾッとした…」「これまでになくヤバい状況になりそう!」と話題を呼んでいる。  ホークスから「異能解放戦線」という本を手渡されたエンデヴァー。笑顔が消えたホークスの表情に違和感を覚えたが、緑谷出久・轟焦凍・爆豪勝己は気づく様子がない。そんな3人にもホークスは本を手渡し、「マーカー部分だけでも目通した方がいいですよ」「“2番目”のオススメなんですから」と言う。意味深な目線とともに「4人ともインターンがんばって下さいね」と言葉を残し、ホークスは飛び去っていった。  エンデヴァー事務所に到着した出久・焦凍・爆豪を“炎のサイドキッカーズ”が案内する一方、エンデヴァーはホークスへの違和感を抱いたまま「異能解放戦線」を開く。ホークスの態度が本心からのものではないと確信したエンデヴァーは、ホークスがわざとらしく伝えた“マーカー部分だけでも”“2番目のオススメ”という言…

2019/10/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

僕のヒーローアカデミア 24 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

ヴィラン側の強化ターン。まだ終わらない。

2019/08/17

はな

今回はヴィラン側が主役。トガちゃんもトゥワイスも土壇場で個性が伸びてる。悪役は悪役でも、自分のためだけに戦ってるんじゃないっていうのが伝わってきて、胸に来るものがありました(;_;)ヴィラン連合に肩入れしたくなる。

2019/09/09

トラシショウ。

「どけよ偽物、俺は仲間を殺さない」。前巻より承前、懇意にしていたブローカー・義爛を健全な個性サポートメーカー・デトラネットを隠れ蓑に暗躍する「異能解放軍」に攫われた事から、その本拠地である泥花市へと乗り込む事になった「敵(ヴィラン)連合」の過酷な死闘を描く、表紙を含めてまさかの一冊丸々緑谷出久ら主人公チームが全く登場しない異色の内容。窮地に追い込まれ、その半生を掘り下げられながらも各々の個性を進化させていく、ヴィラン達「普通の社会」から振り落とされてしまった者達の叫びが虚しく木霊する(以下コメ欄に余談)。

2019/08/04

わたー

★★★★★魅力的な物語には、魅力的な主人公と、それと同等以上に魅力的な敵役が必要である。今回は、まるまる1冊ヴィラン連合編。デクたちを散々苦しめてきた彼らにフォーカスする事で、今まで以上に魅力的な敵役を描くことに成功している。特に、先々代のワンフォーオールの継承者の孫にして、ヴィラン連合の首魁、死柄木弔の過去に切り込んだ、「オリジン」は必見である。

2019/08/02

しゅう(callette)

一読して最初に出てきた感想は、「作者さんはこの状態からどうやって落とし所に持っていくつもりなんだ?」だった。私達は社会で生きる一人として、ヴィランのことは絶対に否定しなければならない。ヴィランの背景がどんなに重く苦しいものだろうが、テロや大量殺人を許してはならない。私達がその重苦しさの創出に加担しているなら、もがきながらヴィランを生み出さない社会を目指していかなきゃならない。そういう読者に、ヴィランへの共感の余地を与えた上で、どんなに強力なヒーローのメッセージを叩きつけてくるのか、期待して良いのだろうか。

2019/08/14

感想・レビューをもっと見る