読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プラチナエンド 11 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 11 (ジャンプコミックス)

プラチナエンド 11 (ジャンプコミックス)

作家
小畑健
大場つぐみ
出版社
集英社
発売日
2019-07-04
ISBN
9784088818870
amazonで購入する Kindle版を購入する

プラチナエンド 11 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

米田教授の登場で神候補5人が揃ったが、そもそも"神"とは?

2019/08/04

むっきゅー

最後の神候補登場で、全員が一堂に会して話し合う。レッドの考え方も教授の考え方もどちらも一理あり、今後はこの二人の対決になるのかな。今巻は話し合いに多くを割かれていて、派手なバトルは少なかったのですが、物語が大きく動いた感じがしました。

2019/07/10

レリナ

神の存在。神候補同士の問答は進み、争いは起こらないと思われたが、その希望も断ち切られる。神候補を我が物にしようとする者が現れ、争いが加熱する。果たして神なるものは本当に存在するのか。神選びを根本から覆す語りがあったので、これは次巻から波乱の展開になっていきそう。話し合いも邪魔が入り、犠牲者も出たので、もう話し合いだけでは今後の事柄は解決できないだろうな。作者らしい問答を見れたので満足。流石デスノートを描きあげた力量は本物だ。話は最終局面に入りそうなので、どんな結末を迎えるのか、楽しみ。次巻に期待。

2019/07/06

まりもん

弟に借りて読了。神候補の米田教授登場で世間は米田が神でという流れっぽくなった。でもそんな話し合いで狙撃しようとした政府はよくないな。

2019/07/18

毎日が日曜日

神が必要ない時代になった。

2019/07/06

感想・レビューをもっと見る