読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

この恋はこれ以上綺麗にならない。 2 (ジャンプコミックス)

この恋はこれ以上綺麗にならない。 2 (ジャンプコミックス)

この恋はこれ以上綺麗にならない。 2 (ジャンプコミックス)

作家
百々瀬新
舞城王太郎
出版社
集英社
発売日
2019-08-02
ISBN
9784088820408
amazonで購入する Kindle版を購入する

この恋はこれ以上綺麗にならない。 2 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「教えてあげようか・花屋がどんな風に花の子を育てるか」。カンくん=カンパニュラを連れ戻すべく現れた「花屋」の刺客・ひまわり来訪を巡る顛末から、カンの半生の回想を経ての再度の「花の子」との対峙を挟んで、まさかの新たなヒロイン(?)登場まで。「花屋」の「人材育成」と言う言葉を遥かに逸脱した「育児」のくだりが相当に強烈な内容、と言うか多分間違いなく中途脱落する者の方が多そうなんだけど、明らかにコストがかかり過ぎでどれだけ潤沢な資金源がある組織なのか想像もつかない。まともな解決は望めないな(以下コメ欄に余談)。

2019/09/09

レリナ

組織からの刺客がカン達に迫り、戦いに。カンに対する気持ちを自覚したキネマ。カンを巡る恋模様が出来上がりつつあるな。今回はカンの秘密が明らかになり、組織の事情も開示されたので、話の根幹がある程度わかった。カンを襲撃する組織の魔の手は緩みそうにないので、今後安息の日々は送れそうにない。カンが強いので今のところは脅威を排除できているが、今以上の脅威が現れれば、状況は変わってくるかもしれない。最後に新キャラが出てきたので、カンを巡る恋愛模様が荒れそうだ。ヒマワリの動向が気になる。次巻に期待。

2019/08/07

とら

「好き」を気付くきっかけが相変わらず壮大で、でも些細なこと。舞城節。カンとデイジーの「好き」は、もはや「愛」に昇華している。家族愛みたいなものだけれど。愛なんて普段は口に出すの恥ずかしいどころか、時と場合によっては聞くだけで引いちゃうんだけど、舞城作品を読んでる時だけは思わず使ってしまう。酔っているのかもしれない。とにかく好きなのだ。

2020/05/21

ぬりかべ

絵は粗削りも良いところだけど、熱量もって一気見させられるような、そんな勢いをこのマンガからは感じます ジャンプらしいといえばそれまでなんだけどね ラブコメテイストは残してはあるんだけど、この作の結末は おそらく血に塗られた方向になるものと予想。 だけどその結末については、その刹那の瞬間が永遠に感ぜられるものであってほしい

2019/12/22

なつのおすすめあにめ

一巻だと西尾維新っぽさがある?ような気がしてたけど「愛のせいでボロボロじゃねえか」とか、家族の話ばかりだったので完全に舞城だこれ!となりました。

2019/08/07

感想・レビューをもっと見る