読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キン肉マン 69 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 69 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 69 (ジャンプコミックス)

作家
ゆでたまご
出版社
集英社
発売日
2019-11-29
ISBN
9784088821184
amazonで購入する Kindle版を購入する

キン肉マン 69 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Y2K☮

プロレスをよく知らない人には、シングル戦よりもタッグマッチの方が響くらしい。私がプロレスにハマる転機になった試合もタッグマッチ。1988年の今頃。札幌における鶴田&谷津VS天龍&川田だ。他の三人は実績のあるトップ選手だったが当時の川田利明はまだ一介の若手。絶対川田が負ける。でも負けて欲しくない。そう思ってハラハラしながら応援した。どうなったか? 川田が捨て身のプランチャを連発して鶴田を場外に釘づけにし、見事リングアウトで勝利! 心底痺れた。タッグは実力に差のある選手が組む方が意外性が出て面白い。勝てよ! 

2019/11/30

桂 渓位

 ソルジャーことアタル兄さんのカリスマ性が、この巻だけでも再確認出来ちゃう辺りが、素晴らしいですね✨  何気に、一番影が薄かった残虐の神にも、スポットライト当ててますし(笑)

2019/12/03

みやしん

威風堂々、遂にあの男が満を持して登場。溢れるカリスマは些かも衰えておらず、自身も語る本編の裏で行われていた活躍はいつか我々の前に明かされる時を願う。一方、登場後は冗長な会話が長すぎて間延び感は拭えない。フェニックス可哀想。真・マッスルブラザーズを見られる日はいつの事か。何気にアシュラマンが回復してる。

2019/11/29

F4ふぁんとむ

みんなが待ってたこの表紙。しびれる。

2019/12/02

地下鉄パミュ

どう考えてもリングの必要の無いバトル物になってしまう展開なんだが、何故だか結局リングで戦う事で落ち着いてしまう。不思議な生態ですなぁ超人って。ソルジャーとブロッケンJr.とのタッグ、絶対出て来ると思ってたけど、出た時はウルっと来ちゃいましたよ。軍服に迷彩服だもの似てる。絶対の信頼を寄せる2人の戦いが気になって仕方ない。ウルフマンの叫び『白星とってこい』に勇気を貰ったはず。ブロッケン頑張ってくれ!

2019/12/01

感想・レビューをもっと見る