読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チェンソーマン 7 (ジャンプコミックス)

チェンソーマン 7 (ジャンプコミックス)

チェンソーマン 7 (ジャンプコミックス)

作家
藤本タツキ
出版社
集英社
発売日
2020-06-04
ISBN
9784088823287
amazonで購入する Kindle版を購入する

「チェンソーマン 7 (ジャンプコミックス)」のおすすめレビュー

【次にくるマンガ大賞 2021特別企画】過去の受賞作を振り返り!ジャンプには珍しい強烈個性の主人公『チェンソーマン』

『チェンソーマン』(藤本タツキ/集英社)

 ユーザーから「次にくる」と思うマンガを募集し、そこでノミネートされた作品から投票によって大賞を決める"ユーザー参加型"のマンガ大賞「次にくるマンガ大賞」。7回目となる今年のノミネート作品が出そろい、6月18日(金)から投票がスタートする。ぜひ参加して推しの作品を応援しよう! ドキドキの結果発表を待つ間に、過去の受賞作品を振り返ってみてはいかがだろう。本記事では2019年にコミックス部門で第2位を獲得した『チェンソーマン』(藤本タツキ/集英社)を紹介!

 2019年1月号より『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートして以来、その衝撃的なストーリー展開で注目を集める異色作です。

あらすじ  父親の借金を背負わされ、極貧生活を送る16歳のデンジ。“チェンソーの悪魔”のポチタとともに、デビルハンターをして食いつないでいたが、ある日、残虐な悪魔に狙われ、殺されてしまう。しかし、ポチタがデンジの心臓となることで、デンジは復活。チェンソーの悪魔へと変身する力を手に入れたデンジは、公安のデビルハンターであるマキマによって、その…

2021/6/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

チェンソーマン 7 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

レゼとの死闘がテレビで放映され、デンジの存在が日本にいることがバレる。世界中にいる刺客が、デンジを狙い、戦いが始まる。デンジの命が狙われている理由は分からないし、それぞれのキャラが多く登場し、混戦。更にパワーが公安のメンバーを轢き、刺客を撃破する。頭のネジが外れた人間しかおらず、理解が追いついていない。パワーとデンジの先生の名前は岸辺。彼の大人の魅力はあり、映画みたいだ。わちゃわちゃしてて、この物語は何処に転がりたいのか読めない。

2020/12/05

眠る山猫屋

レゼの喪失に浸る間も無く、デンジを巡るバトルロワイヤル発生。米露中独あたりの強者がルール無用で襲いかかる。護り手の公安対魔のメンバーは、やっぱり頼りない限りで…。 そんな中でパワーちゃんの傍若無人な暴走が(そして薄っぺらな虚言が・笑)最高潮。でもこの物語、大事な人物をあっさり消し去るから油断が出来ない。 公安内部の謀反の気配も漂う中、デンジとチェンソーの悪魔を中心に、テンポ良い争乱が読み手を引き寄せる。巧いなぁ!

2020/06/09

sin

デンジくんの姿がマスコミに晒された!そしてアメリカ、ロシア、中国、ドイツからの刺客が押し寄せる!それぞれの物語がなし崩しに集団バトルに雪崩れ込み…それにしても銃の悪魔は何処?そしてチェンソーの悪魔ポチタの正体って何だろう?

2020/06/13

辺辺

なんてぶっ飛んだ漫画だろう。どんどん人が死んでいく。デンジの心臓を狙って凄腕たちが集結。パワーちゃんアホかわいいな。中でもサンタクロースとクァンシがマジヤバイ、ゾクゾクするぜ。岸辺がマキマを殺そうとするけど、なんのメリットがあるんだろう?てか、ひょっとしたら一番怖いのはマキマじゃなかろうか?

2020/06/23

レリナ

今回はデンジを狙い世界中のデビルハンターが来襲。特にサンタクロースがやばい感じ。何度見ても事故シーンはやばい。パワーが今回も暴走モード。今回はどれだけの犠牲者が出るのだろうか。マキマさんに再び心を奪われた、デンジはこのバトルロワイヤルを生き残ることができるのか。レゼは自らの任務を果たし、果てた。これからは公安の戦いは世界へと波及する。ノリが相変わらず少年漫画の概念を超えている。まだ姿を見せない悪魔は何を思い、デンジを狙うのか。やはりチェンソーマンのラスボスは相当な強敵なんだろうな。次巻に期待。

2020/06/08

感想・レビューをもっと見る