読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ONE PIECE 98 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 98 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 98 (ジャンプコミックス)

作家
尾田栄一郎
出版社
集英社
発売日
2021-02-04
ISBN
9784088824239
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ONE PIECE 98 (ジャンプコミックス)」のおすすめレビュー

【ネタバレあり】『ONE PIECE 98』あいつらが強すぎるんだ! カイドウが絶叫した赤鞘九人男の討ち入りとヤマトが持つ航海日誌の行方は……?

『ONE-PIECE 98』(尾田栄一郎/集英社)

※本文にはネタバレを含みます。

“ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)を獲りに行くぞ!!!

 ワンピースを手に入れて世界を征服したい、カイドウとビッグ・マムの四皇同盟(のちに殺し合う予定)。

討ち入りだァ~~~!!!

 主君・光月おでんの無念を晴らしてワノ国を開国したい、錦えもん率いるワノ国の侍たち。

お前ら全員ぶっ飛ばしに来たんだ!!!“全面戦争”だ!!!

 海賊王になるため、友達の国を救うため、四皇2人をぶっ飛ばしたいルフィとその一行。

 様々な物語が描かれたワノ国編は、とうとうひとつへ集約する。討ち入りに勝つか、負けるか。複数の海賊団とワノ国の侍たちが入り乱れる大乱戦の勝者が、ワンピースへぐっと近づく!

『ONE-PIECE 98』(尾田栄一郎/集英社)の最大の見せ場は、やはりカイドウと錦えもん率いる赤鞘九人男の戦いだろう。

 赤鞘九人男の討ち入りの瞬間、カイドウは驚愕した。並の攻撃ならば、傷ひとつ負わない無敵の身体。しかし彼らの攻撃を受けて、カイドウは悲鳴を上げた。

なぜ痛む!!! なぜ刃が刺さる!!? こい…

2021/2/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ONE PIECE 98 (ジャンプコミックス)」の関連記事

【最新号レポ】「家族愛に泣けてくる」光月おでん一家が過ごした平和な日々に視聴者も涙/アニメ『ONE PIECE』第975話

『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年5月23日(日)に放送されたアニメ『ONE PIECE』第975話。危機的状況に陥った光月モモの助の脳裏に父・おでんと過ごした記憶が蘇り、視聴者から「家族愛に泣けてくる」「切なすぎるよ…」と大きな反響が巻き起こった。

 ワノ国奪還に失敗し、釜茹での刑を経て命を落としたおでん。それでも黒炭オロチの怒りは収まらず、その魔手はおでん一家へと迫ることに。ついには居城に火が放たれ、光月トキ・モモの助・日和は燃え盛る炎に囲まれてしまう。  そんな状況の中、モモの助の脳裏に浮かんだのはロジャー海賊団とともにした冒険の記憶。海賊船は“タコバルーン”に抱えられて大海原の上空を移動しており、眼下の光景を目にしたモモの助は「宝物みたいでござる!」と興奮を隠しきれない。するとおでんは「面白れえことをいうなぁ。さすが俺の息子」と笑顔を見せ、「見聞を広めろモモの助。俺の知ることも存分にお前に伝えてやる」と語りかけた。  また別の記憶では、おでんが三味…

2021/5/29

全文を読む

【最新話レポ】「ここ最近のワンピで最大級のショック」壮絶を極めた“釜茹での刑”の結末が話題/アニメ『ONE PIECE』第974話

『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年5月16日(日)に放送されたアニメ『ONE PIECE』第974話。釜茹での刑を耐え抜いたはずの光月おでんに思わぬ展開が訪れ、「こんな結末があっていいのか…」と視聴者に衝撃を与えたようだ。

 カイドウへの討ち入りが失敗に終わり、黒炭オロチから釜茹での刑を宣告されたおでんと錦えもんら9人の家臣たち。“1時間耐えきれば解放”という約束を取りつけたおでんは家臣たちが乗った橋板を釜の中で持ち上げ続けるものの、至るところから出血するなど体への負担は計り知れなかった。  それでもおでんを踏ん張らせるのは“ワノ国を開国する”という思いであり、その脳裏には白ひげ海賊団やロジャー海賊団と繰り広げた冒険の記憶が蘇っていく。やがておでんは釜茹での刑を1時間耐え抜いてみせたのだが、オロチに約束を守る気などない。おでんたちは非情にも、「釜茹でから銃殺の刑に変えることを1分前に思いついた」と言い渡されてしまう。  開国の思いを託して家臣たちを逃亡させ…

2021/5/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

ONE PIECE 98 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

二条キョートマン

カイドウが思ったより強くない。侍どもなんて瞬殺するレベルだと思ってた。

2021/02/03

ネギっ子gen

「登場人物一覧」。先の97巻まで「麦わらの一味」と言えば、長らくベスト9。今刊、満を持し海侠のジンベエが仲間入り!「操舵手」というポジションだが、元王下七武海ゆえに懸賞金は、船長・ルフィの15億ベリーに次ぐ4億3800万ベリー。ゾロ・サンジより高額な懸賞金。ということで、「麦わらの一味」のナンバー2は? となると難しいところだね。何はともあれ、このように「一味」が次々に増えていく展開、好きです! 次、あと一人が仲間入りすればイレブンとなるわけですが、あるとすればポジションは何になるか? もう興味津々で。⇒

2021/02/06

眠る山猫屋

混沌とした鬼ヶ島決戦。双方隠し球を繰り出し、戦いは更に熱く。これだけ登場人物がいると、それぞれの魅せ場を描くだけでも、きっとタイヘン。今回はフランキー、モモ、しのぶ、そしてヤマト。巻末のヤマトの台詞には痺れた!刮目して次巻を待つ!!

2021/02/21

てつ

ワの国編もいよいよ終盤戦。カイドウvs赤鞘が開幕。麦わらの一味全員集合は、やはりカッコいい。ジンベエ強し。これからの展開が楽しみ。はやく続きが読みたい!

2021/02/05

るぴん

赤鞘の侍達の一斉攻撃、しかも全員が亡きおでんの技を…。痺れるなぁ!そして扉絵シリーズでローラが!おめでとう〜♡

2021/02/05

感想・レビューをもっと見る