読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンデッドアンラック 5 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 5 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 5 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2021-03-04
ISBN
9784088825496
amazonで購入する Kindle版を購入する

「アンデッドアンラック 5 (ジャンプコミックス)」のおすすめレビュー

【次にくるマンガ大賞 2021特別企画】過去の受賞作を振り返り! 不死&不幸タッグのバトルが熱い!『アンデッドアンラック』

『アンデッドアンラック』(戸塚慶文/集英社)

 ユーザーから「次にくる」と思うマンガを募集し、そこでノミネートされた作品から投票によって大賞を決める"ユーザー参加型"のマンガ大賞「次にくるマンガ大賞」。7回目となる今年のノミネート作品が出そろい、6月18日(金)から投票がスタートする。ぜひ参加して推しの作品を応援しよう! ドキドキの結果発表を待つ間に、過去の受賞作品を振り返ってみてはいかがだろう。本記事では2020年にコミックス部門で第1位を獲得した『アンデッドアンラック』(戸塚慶文/集英社)を紹介!

 不死の身体を持つ者――いわゆる“アンデッド”。エンタメの世界ではたびたび描かれる存在だが、彼らの苦悩にスポットライトを当てた作品はそう多くはない。

 そんななか、本作は異色な設定を巧みに活かした内容だった。

 主人公は超絶な不運な女子・風子。彼女は自身の身体に触れた者に不幸を呼び、その者に死をもたらす体質の持ち主。まだ8歳の頃、両親を含め270人の命を間接的に奪った経験もある。存在しているだけで周囲の人間に不幸をもたらす。風子の心境を思うと、とてもじ…

2021/6/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「アンデッドアンラック 5 (ジャンプコミックス)」の関連記事

【最新号レポ】「あまりに残酷すぎる…」シェンの過去について師匠が語った“真実”に読者ざわつく/ジャンプ20号『アンデッドアンラック』

『週刊少年ジャンプ』20号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年4月19日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』20号。『アンデッドアンラック』第60話で明かされたシェンの過去について、「あまりに残酷すぎる…」といった反響が相次いでいる。  前話にて、師匠・ファンとの再会を果たしたシェン。しかし彼こそが亡くなったシェンの妹・メイの仇であり、シェンが「殺したい師匠(ジジイ)」と語っていた人物だった。  シェンは「不真実(アントゥルース)」の能力を使ってファンを攻撃。「不真実」とは「視た瞬間の対象の真実(こうどう)を否定する」力で、たとえば相手が“動きたい”と思うと動けなくなってしまう。  シェンの能力を目の当たりにしたファンは、「ああ… ようやく合点がいった」となぜか納得。不敵な笑みを浮かべながら、メイが亡くなった“あの日”について語り始めるのだが――。  ファンの回想によると、メイは高い崖から落ちて亡くなったそう。崖の上からはシェンが手を握っていたものの、彼女は自ら手を離して落下したらしい。  メ…

2021/4/23

全文を読む

【最新号レポ】「シェンの変態性が出てるwww」戦闘狂・シェンの自由奔放な行動にファン大盛り上がり/ジャンプ18号『アンデッドアンラック』

『週刊少年ジャンプ』18号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年4月5日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』18号。『アンデッドアンラック』第58話では対未確認現象統制組織“ユニオン”のメンバー・シェンの自由すぎる行動に対し、「シェンの変態性が出てるwww」「こんなに自分勝手なのになぜか憎めないんだよな…」といった反響が相次いでいる。  球体状の小型UMA・サマーを討伐するという“課題(クエスト)”を果たすべく、台湾に集結したアンディ、風子、シェンたち。サマーは火薬等を喰らうことで大きく成長する性質で、今回は発見が早かったために未だ核(コア)に近い状態で潜伏しているらしい。  しかしアンディたちの前に現れたのは、想像のサイズを遥かに超える巨大なサマー。ほかにも複数の敵が出現し、アンディたちは苦戦を強いられるかに見えたのだが――。

 複数の敵を確認したアンディは、シェンに対し「お前はコイツをやれ!! 俺はサマーを…」と指示。ところがシェンはアンディの言葉などお構いなしで、「こっちの方が強そうなんでボ…

2021/4/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

アンデッドアンラック 5 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よねはら

たしかに左手が無くても漫画は描けるけど、岸辺露伴はめちゃくちゃ怒りそうだなとか考えてしまった…。風子は時を超えてアンディのヒロインとして最高硬度へ。良いですよね、不死者としての長すぎる人生を支えてくれる存在…。ヴィクトルにとってのジュイスもそんな感じなのでしょう。まだまだ続きが気になります

2021/03/28

毎日が日曜日

★★★★ 核心に迫る部分が多かった。

2021/03/06

夏目

話がどんどん進んでいき、面白さもどんどん増してきてます。今巻ジュイスの行動をシェンが能力で止めるところが特に良かった。

2021/03/05

麻由

なるほどこの設定が控えていたからこそ今まで爆速で進められたんだなと納得。

2021/03/15

645

5巻、登録。

2021/03/12

感想・レビューをもっと見る