読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンデッドアンラック 6 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 6 (ジャンプコミックス)

アンデッドアンラック 6 (ジャンプコミックス)

作家
戸塚慶文
出版社
集英社
発売日
2021-04-30
ISBN
9784088825960
amazonで購入する Kindle版を購入する

「アンデッドアンラック 6 (ジャンプコミックス)」のおすすめレビュー

【次にくるマンガ大賞 2021特別企画】過去の受賞作を振り返り! 不死&不幸タッグのバトルが熱い!『アンデッドアンラック』

『アンデッドアンラック』(戸塚慶文/集英社)

 ユーザーから「次にくる」と思うマンガを募集し、そこでノミネートされた作品から投票によって大賞を決める"ユーザー参加型"のマンガ大賞「次にくるマンガ大賞」。7回目となる今年のノミネート作品が出そろい、6月18日(金)から投票がスタートする。ぜひ参加して推しの作品を応援しよう! ドキドキの結果発表を待つ間に、過去の受賞作品を振り返ってみてはいかがだろう。本記事では2020年にコミックス部門で第1位を獲得した『アンデッドアンラック』(戸塚慶文/集英社)を紹介!

 不死の身体を持つ者――いわゆる“アンデッド”。エンタメの世界ではたびたび描かれる存在だが、彼らの苦悩にスポットライトを当てた作品はそう多くはない。

 そんななか、本作は異色な設定を巧みに活かした内容だった。

 主人公は超絶な不運な女子・風子。彼女は自身の身体に触れた者に不幸を呼び、その者に死をもたらす体質の持ち主。まだ8歳の頃、両親を含め270人の命を間接的に奪った経験もある。存在しているだけで周囲の人間に不幸をもたらす。風子の心境を思うと、とてもじ…

2021/6/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「アンデッドアンラック 6 (ジャンプコミックス)」の関連記事

【最新号レポ】アンデラ史上、最悪の事態……? ラスト1ページの展開に阿鼻叫喚!/ジャンプ23号『アンデッドアンラック』

『週刊少年ジャンプ』23号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年5月10日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』23号では、『アンデッドアンラック』第62話を掲載。ラスト1ページで見せたシェンの決死の行動に対し、読者から「ここで退場とか言わないよね?」「頼む、死なないでくれ!」といった悲鳴が相次いだ。  前話に引き続き、シェンの師匠・ファンとの戦いが描かれた今回のエピソード。妹の仇であるファンを前に一時我を忘れるシェンだったが、アンディの「今テメーが一番やらなきゃなんねー事はなんだ!!」「ムイを守る事だろ」「俺達なら何だって守れる」という言葉にようやく冷静さを取り戻した。ここからアンディとシェンによる連携プレイが始まり、やがてファンに渾身の一撃を浴びせるのだが――。  攻撃を食らっても、依然として余裕ある態度を見せるファン。それどころか「精彩(やるな)……!! だからこそ惜しい!!」「大切なものを失えばより強くなる……!!」と持論を語り出すなり、攻撃の矛先をムイと風子へと向け始める。  間一髪のところで…

2021/5/16

全文を読む

関連記事をもっと見る

アンデッドアンラック 6 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よねはら

「君に伝われ」は安直な少女漫画パロディではなく、九能明の願いそのもの。今の世界のため、大切なヒーロー達のために独りで戦ってきた彼の人生が報われた瞬間は号泣ものです。ここぞというところの魅せ方が本当に上手い。ペンは剣よりも強し。

2021/05/05

ぴっころ

不明て辛すぎる、そんな能力いらないな。一番つらいのはお母さんだろうし、でも戦闘するだけがヒーローじゃないんだって話が良かったカッコいい

2021/07/21

98年製

今ジャンプの中で一番キテる漫画。練り込まれた設定と世界観、伏線を惜しみなく消費しながら物語が展開されていくので、尋常でないハイテンポを保ったまま話が進行している。唯一喉に痞えていた「否定者」の能力設定が大味で、『BLEACH』的な言ったもん勝ちの構図に陥らないかという点は、過去編での「結局はすべて理の捉え方次第なんだ」「心からそう信じさえすれば…能力はいくらでも発展する」というアンディのセリフで解消された。情報の取捨選択が上手い。設定のムラを作品の個性に昇華させる手腕に素直に感心した。

2021/03/14

soft&wet

ひたすらに出し惜しみなく「最終回」展開を詰め込み続ける未曾有のマンガもすでに6巻(30巻くらい続いた漫画じゃなきゃ描けないような話がすでに沢山出てる)。今回はもう少年ジャンプの最終回みたいな話だった。ジャンプにおいてヒーローとは何か、いや「ジャンプ作家にとって自分はどんなヒーローでありたいのか」。逆にこの漫画の最終回は一体「何」になるんだろう。普通の終わり方のカタルシスはもう既にあらゆるバリエーション出尽くしちゃってる気がする。

2021/07/30

mongoosenano

おもしろいんだけど見返さないと理解できない!!でもアンディの過去の旅を経て風子とアンディの絆が深まったのだけは理解した!

2021/06/06

感想・レビューをもっと見る