読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

血界戦線 Back 2 Back 9 ―災蠱競売篇/惨― (ジャンプコミックス)

血界戦線 Back 2 Back 9 ―災蠱競売篇/惨― (ジャンプコミックス)

血界戦線 Back 2 Back 9 ―災蠱競売篇/惨― (ジャンプコミックス)

作家
内藤泰弘
出版社
集英社
発売日
2021-06-04
ISBN
9784088826721
amazonで購入する Kindle版を購入する

血界戦線 Back 2 Back 9 ―災蠱競売篇/惨― (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

世界崩壊帮助器具〈カプロス人壺〉争奪戦が続く。番頭さんたちを病院送りにしたタイクーンブラザーズ強し。ザップとツェッドが全く歯が立たない中、まさかの心強い援軍が。師匠、造形は全く人間じゃないけど人間くさい(笑)まぁ、キュリアス一味すらものともしないタイクーンブラザーズには及ばないんだけどさ。さて、高額懸賞首となったレオの更なる逃亡劇が始まる。これまでヘルサレムズロッド(NY)で築いてきた絆がレオを助けるのか!?

2021/06/05

sin

“人蠱の番人”タイクーンブラザーズつえ!こんだけ人外がワンサカ棲息する世界で見た目は地味だが、この物語で血界の眷属、即ちヴァンパイアに用意された立ち位置が彼らを最強の上をいく最強に設定しているから仕方ない。仕方がないがこの底無しの強さのインフレ、謂わば「ああいえば、こういう…戦い」個人的には興が醒める。とは言うものの、この物語のキャラクター、筋立て、スタイルが大好きなんだよな~

2021/06/05

ムッネニーク

52冊目『血界戦線 Back 2 Back ー災蟲競売篇/懴ー 9』(内藤泰弘 著、2021年6月、集英社) 月刊連載作品なので、物語の進みが遅いのが気になる。相変わらずアクション描写で何をしているのかよくわからないが、なんとなく読む分には楽しい。 「戦える者が戦わなければ戦えぬ者が泣く」

2021/06/08

エディ

★★★★★ 世界崩壊幇助器具「カロプス人蠱」を巡る大乱戦その3。傷付き分断されながらも逃走・防御・戦闘・諜報・攻略準備を並行しつつ各々反撃(&合流)の機を窺うライブラ陣営。隙をついて再襲撃を試みるキュリアス陣営。追跡・攻撃・回収・護衛と振り回されるタイクーンブラザーズ。そして、落札者とズールディーズ総支配人が……。やっぱり次巻に続く(密度は濃いけど、本巻は第7〜第9章まで)。

2021/06/07

サン

タイクーンブラザーズに襲われるレオたち。久々の師匠の登場。やっぱりみんなに狙われるレオ。

2021/06/13

感想・レビューをもっと見る