読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あやかしトライアングル 4 (ジャンプコミックス)

あやかしトライアングル 4 (ジャンプコミックス)

あやかしトライアングル 4 (ジャンプコミックス)

作家
矢吹健太朗
出版社
集英社
発売日
2021-06-04
ISBN
9784088826820
amazonで購入する Kindle版を購入する

あやかしトライアングル 4 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のれん

トライアングル、つまり主要カップルお互いがヤキモキする三角関係を作り上げる、というのが本作のコンセプトなのだろう。 今回はすず中心の三角関係。歴史ネタも使った大恋愛で謎だったキャラの輪郭を浮かび上がらせてくる。 前世のキャラデザも良くて、読者をもどちらがヒロインになるか悩ませる所は流石は矢吹神と言ったところか。 またシロガネの過去はシリアスとコメディのバランスが取れていて良かった。そりゃ恋愛嫌いになるわw  信仰が力になるという設定も個人的に好みで、物語にどう活かしていくのかとても楽しみ。

2021/06/06

玉瑛

見た目だけなら女の子3人の三角関係になっていて華やか。巫女としてのバックボーンも明かされ物語としても面白くなってきた。

2021/08/06

せんまいだ

ルーとフラグ構築。巫女の過去編。恋緒はここからキャラだち強くなる。この巻でようやく思ったんだけど、祭里と命依のデザインはデビュー作の主人公とヒロインのセルフオマージュか。すずが画楽の絵見て涙するシーンのコマ割視線誘導も決まってて好み。

2021/07/02

sion

塵塚妖王のときの祭里の装束の破れ方がサイコー。 画現術の蛸リアルで凄いね

2021/06/04

B子

改めて読んでる。やっぱ面白いな。ラブコメのように何百回も書かれてるエンタメは研究されることも多いけど、細かな要素が練りに練られてうまいなと思わされる。これ、矢吹先生が考えて描いてんだよな。やばいな。

2022/11/04

感想・レビューをもっと見る