読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ONE PIECE 99 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 99 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 99 (ジャンプコミックス)

作家
尾田栄一郎
出版社
集英社
発売日
2021-06-04
ISBN
9784088826912
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ONE PIECE 99 (ジャンプコミックス)」のおすすめレビュー

【最新巻レポ】『ONE PIECE 99』カイドウとの激闘、“海賊王”を高らかに叫ぶルフィ……“最悪の世代”5人が最強の四皇とついに激突!

※本記事にはネタバレが含まれます。ご了承の上お読みください。 『ONE-PIECE 99』(尾田栄一郎/集英社)

 光月おでんの無念を晴らすため、四皇カイドウと将軍オロチに討ち入りを果たしたワノ国の侍たち。しかし百獣海賊団の強さは驚異的で、大看板や飛び六胞をはじめとする強敵相手に苦戦を強いられる。

 錦えもんを筆頭にした赤鞘九人男は、憎きカイドウに直接対決を挑んだが、圧倒的な実力差になすすべなく敗戦。血と涙を流して倒れてしまった。

 やはりカイドウを討つのは、ルフィのようだ。ただし今回は同世代との共闘となりそうである。“最悪の世代”ルフィ、ロー、キッド、ゾロ、キラー。そして新世界を支配する四皇カイドウ、ビッグ・マム。鬼ヶ島の頂上で、世界が震え上がるような決戦が始まった。

 とうとう1000話に到達した『ONE-PIECE 99』(尾田栄一郎/集英社)。本作の見どころはいくつかある。ナミが涙を流してボロボロになりながら、飛び六胞相手に信念を貫いたシーン。本気になったゾロがアプーを切り捨てるシーン。カイドウは「ウオウオの実」の幻獣種の能力者であり、それを与え…

2021/6/4

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ONE PIECE 99 (ジャンプコミックス)」の関連記事

【最新話レポ】「何してんのこの人たちwww」ルフィ・ロー・キッドの共闘かと思いきやまさかの…/アニメ『ONE PIECE』第978話

『ONE PIECE』99巻(尾田栄一郎/集英社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年6月13日(日)に放送されたアニメ『ONE PIECE』第978話。せっかく集結したルフィ・ロー・キッドの3人がケンカを始めてしまい、視聴者から「何してんのこの人たちwww」とツッコミが相次いだ。

 鬼ヶ島へ討ち入りに向かう途中、カン十郎の裏切りによって絶体絶命の危機に陥った錦えもんら赤鞘たち。そんな窮地にルフィ・ロー・キッド率いるそれぞれの船が現れたものの、彼ら以外の仲間が集まる気配はない。実は先手を打った黒炭オロチの策略により、港の船だけでなく里と里をつなぐ橋も破壊されていたのだ。  カイドウの部下・百獣海賊団員たちが余裕の表情を見せる一方、「なめやがって。みんな下がってろ!」と怒りをにじませるルフィ。ところがローは「バカが。お前が下がれ」と聞く耳を持たず、キッドも「俺がやる!」と声を上げて3人の言い争いになってしまう。  痺れを切らしたルフィが「早いもん勝ちだ!」と飛び出すと、キッドとローも追随。ついにルフィとキッ…

2021/6/19

全文を読む

【最新話レポ】「マジで鳥肌立った」裏切り者の正体が判明し視聴者騒然!/アニメ『ONE PIECE』第977話

『ONE PIECE』99巻(尾田栄一郎/集英社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年6月6日(日)に放送されたアニメ『ONE PIECE』第977話。黒炭オロチに内通する人物の正体が明らかになり、「マジで鳥肌立った」「こんなん気づけるわけないよ!」と視聴者を驚かせたようだ。

 鬼ヶ島に討ち入りすべく、常影港に集結した錦えもんたち赤鞘一行。しかし合流するはずのルフィをはじめとした兵はどこにも見当たらない。嵐により強い波が押し寄せる港には、破壊された無数の船が残っているだけだった。  光月モモの助の制止も聞かず、錦えもんたちは小舟で出港。とはいえ討ち入りが事前に察知されていた状況から、赤鞘内にスパイがいるのは明らかだ。仲間同士での争いを避けたい錦えもんに対し、「はっきりさせようぞ!」と叫んだのは“夕立ち”の異名を持つカン十郎。しかし次の瞬間、彼は不気味な笑みを浮かべて「俺がそうだってことを」と自ら内通者だと告白する。  かつておでんや錦えもんたちとともに、釜茹での刑に処されたカン十郎。“役”を演じきるためには…

2021/6/12

全文を読む

関連記事をもっと見る

ONE PIECE 99 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

そうかパンダマンが裏にいないのは、もしかして三巻連続表紙だからか・・・?などと本筋とは関係ないところで躓いた。 やっばり面白いわワンピース。乱戦も極まれり、だけれど、どの闘いも繋がっている。更なる伏線もチラリチラリ。エースやおでんのエピソードも、ここへ来てグンッと味を出してきた感じ。

2021/06/05

るぴん

遂にカイドウとの直接対決開始。戦いの最中でも相変わらず張り合うルフィ、ロー、キッドの3人が可愛い。回想でのエースとヤマトの友情、ナミが敵に追い詰められても「ルフィは海賊王になる」と断言するシーンが良かった。次は記念すべき100巻目!すごいなぁ!

2021/06/05

ぱなお

侍たちが命懸けで戦って、それなりにダメージをくらわせた気もしたけど、カイドウ全然弱ってないのね。結構戦闘ゴチャついてたけど、いよいよカイドウ&ビッグ・マムVSルフィ&ゾロ&ロー&キッド&キラーの対決が始まった!ヤマトの口からエースの話が出てきたのは意外。そしてエースを思い出すマルコの涙…見逃さないよー。負傷した侍たちを助けてようとしてる人物は誰かな?あの女性かな?ローも持つ"D"の名って何だろ!?私はまだ全然わからん!

2021/07/11

トラシショウ。

「おいカイドウ何してる!?お前が殴り倒されるなんて!!」「おれはモンキー・D・ルフィ・お前らを超えて・・・「海賊王」になる男だ!!!」。カイドウの居城「鬼ヶ島」が空へ飛ぶ。ビッグ・マムも加わり二人の最強の「四皇」に上空で挑むのは、キッド、ロー、キラー、ゾロ、そしてルフィ達「最悪の世代」。初の三巻通して連結される「繋がる表紙」、「久々にカバー裏パンダマン不在(イヤそこ?)」も去る事ながら、百巻目前の1000話目サブタイトルに「麦わらのルフィ」を持ってくる作者のしてやったり感が凄い(笑)(以下コメ欄に余談)。

2021/06/07

陸抗

主要キャラがあちこちで戦闘してるので、状況を把握するのも一苦労。次は何処かの戦闘は終わって欲しい。おでんとエースの繋がりに驚き、ナミがルフィは海賊王になると断言したのと、チョッパーがワクチンを作る所にジーンと来てしまった。ワクチンは、今の世界情勢と重なって見えたからかな。

2021/06/08

感想・レビューをもっと見る