読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プレイボール2 12 (ジャンプコミックス)

プレイボール2 12 (ジャンプコミックス)

プレイボール2 12 (ジャンプコミックス)

作家
コージィ城倉
ちばあきお
出版社
集英社
発売日
2021-07-16
ISBN
9784088827513
amazonで購入する Kindle版を購入する

プレイボール2 12 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

地下鉄パミュ

墨谷の恐怖を語り出す対戦相手の監督の語り方はホラーで『あしたのジョー』をも彷彿させた。演出としては決して『ちばあきお』の正攻法では無いんだが、こんな手で来たかと言う驚きは凄まじかった。コージィマジックには脱帽です。この巻を持って完結となりましたが不思議な感覚でラストを迎えました。不思議なラストにコージィ先生の大英断があったのだろうと思われ、ここまで描いて下さった事に感謝したいと思います。まだまだ谷口くんの今後を知りたいと言う気持ちが込み上げて来ます。機会があれば是非ともお願いしたいです。

2021/07/30

決着つく。9回の大攻勢は予想できたものの、延長戦の泥仕合はコージー先生の手くせだなあ。全然笑えない展開だから、谷原の監督の髪を白くさせてコーラ片手に(さすがに前夜自棄酒呑まなかったか)、愚痴らせる(これも笑えないが、この微妙な味が、らしい)。甲子園に行けなかったことが伝説になって、では、どうやって終わりにするのかと言えば…終わらないの?

2021/07/19

だいゆー

(^^)

2021/07/29

隆二

とりあえず、谷口の夏は終わった。そして、次世代の話と谷口自身の進路について決着。いい落としどころだったと思う。連載当初、プレイボールの続編がどうなるか心配な面がかなりあったが、作者は今風な問題点を盛り込んで見事書き上げた。賞賛に値すると思う。

2021/08/04

たー

プレイボール2もこの巻で終了。まさか続きが読めるなんて。しかもこのクオリティで読めるのは正に奇跡!改めてありがとう!と、関係者に言いたい気持ちで大満足でした。 そして、思うのは、みんな谷口くんが好きなんだろうなぁ、ということ。最後に掲載の対談にも書いてあるけど、特に美男子でもなく不良でもなく美女も出てこない。単純にヒットする要素がこんなにないのに、何故こんなに面白いのか?野球が好きで努力して上手くなる。その努力が魅力なのかもですね。いやー、お見事でした。まだキャプテン2もあるので、そちらも楽しみです。

2021/07/29

感想・レビューをもっと見る