読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

この音とまれ! 25 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 25 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 25 (ジャンプコミックス)

作家
アミュー
出版社
集英社
発売日
2021-10-04
ISBN
9784088827728
amazonで購入する Kindle版を購入する

この音とまれ! 25 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Amy

BLばっかり読んでますが、この漫画は特別です。相変わらず綺麗な絵です。宇月のチカへの執着ぶりは、宇月の複雑な家庭環境の現れからなのかチカに依存しています。箏曲部で楽しくやっているチカを見ると羨ましくて仕方ないんでしょう。箏曲部の絆には涙がでます。チカが宇月に呼び出され様子がおかしいと心配したさとわは後を追います。箏曲部皆んなもチカを助けるべく動き出します。宇月がチカにしてきた事は許されるべきではないですが、宇月の闇がかなり深そうです。現地についたさとわはチカをかばいます!ハラハラの展開。

2021/11/16

毎日が日曜日

★★★★ ちょっと鬱展開。

2021/10/09

かん

なんか上手く言えないけどよかったなー。ちかは親には愛されなかったかもしれないけど、周りに愛されてるんだなと。後半なんだかごくせんとかそういう系のドラマが思い浮かんできてしまった笑 

2021/10/12

参謀

昔の仲間、宇月がチカに接近。どんどん重い話に…1巻の時でさえきつかったのに、ここにきてまたこの展開とは…青春漫画でここまで暗くなるのは稀ですね…さすがにそのまま表紙にはできなかったから、その反動の絵がこの明るい表紙なのでしょう。しかもこの巻ではそこから脱出ができないまま終わるという…(辛うじて救いが)これは雑誌で続きを絶対見た方がいいです。そこで言いますか!という感じでした。「和」の曲想もそれで確定しそう。そしてラストも見えてきた感じがしましたね…次巻に期待。

2021/10/07

かなっち

★★★★★もうこれ以上、チカを傷つけないで。さとわちゃんが、部の皆が、チカを諦めないで本当に良かったです。毎回泣けますが、今回も泣けました。次巻で皆がやって来て、チカを取り戻す様子を早く読みたいです。

2021/11/16

感想・レビューをもっと見る