読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鴨乃橋ロンの禁断推理 6 (ジャンプコミックス)

鴨乃橋ロンの禁断推理 6 (ジャンプコミックス)

鴨乃橋ロンの禁断推理 6 (ジャンプコミックス)

作家
天野明
出版社
集英社
発売日
2022-05-02
ISBN
9784088831084
amazonで購入する Kindle版を購入する

鴨乃橋ロンの禁断推理 6 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さっちゃん

6巻は「高原オーベルジュ連続殺人事件」解決編、「占いプリンス殺人事件」収録。事件を通じて過去の記憶の欠落が埋まっていくロン。父の記憶、M家とロンの関わりも明らかになる。「占い~」はコナン君みたいな展開で楽しめた。ただ、そのトリックはすぐバレるんじゃないかなぁ?

2022/09/30

こゆ

6巻。ついにロンの出生の秘密が明かされる。オーベルジュの事件が長いと思ったら、M家絡みだったのか。ロンの美形はそっち譲りなのね。過去一のピンチだったけど、無事で良かった。それにしても、この事件の被害者はもちろん、巻き込まれた人の残りの人生を思うと気の毒すぎる。後半はロンには珍しい倒叙ミステリ。倒叙ものはつい犯人に同情してしまうことも多いのだけど、この犯人は同情の余地なしで、ロン達がどう追い詰めるのか楽しかった。キリの良いところで終わってスッキリ!占いは信じない派なので、やっぱりからくりあるよね~。

2022/06/02

かなっち

遂にロンの出生の秘密が明らかになった、第6巻です。最初はロンの境遇に胸が痛かったのですが、思い出した父親の真実にホッコリしました。これで敵が誰なのかハッキリしてその強大さに慄きますが、一色刑事が傍にいれば大丈夫そうですね!!というか、益々お似合いの相棒になっていて、(BL好きとしては)嬉しい限りです。そして、色々判明したオーベルジュの殺人事件に比べたら、占いプリンスの事件がチャチく感じましたが(苦笑)、颯爽と謎解きをするロンのカッコ良さを再認識しました。探偵を辞めることにならなくて、本当に良かったです…。

2022/06/11

葉鳥

ロンの出生が明らかに。

2022/07/10

毎日が日曜日

★★★

2022/05/05

感想・レビューをもっと見る