読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕のヒーローアカデミア 35 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 35 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 35 (ジャンプコミックス)

作家
堀越耕平
出版社
集英社
発売日
2022-07-04
ISBN
9784088831619
amazonで購入する Kindle版を購入する

僕のヒーローアカデミア 35 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わたー

★★★★★ついに最終決戦が幕を開ける。これまで後手後手に回ってきたヒーローたちだったが、青山、物間、心操のおかげで先手をとってヴィランたちを分断することに成功し、各個撃破を狙うが…という内容。今回は何といっても物間の活躍に触れざるを得ないだろう。他者の個性をコピーする。ヒーローに似つかわしくない個性を持ちながら、それでも愚直にヒーローを目指した少年が、作戦の成否を左右する最重要な役割を担う。なんという胸熱展開。それだけでなく、分断した先の対戦カードが絶妙過ぎて、今から決着が楽しみ過ぎる。

2022/07/04

ゆっき

表紙はデクと死柄木。敵の分断が勝利に必要な最低前提条件。相澤先生の「あいつらといれば大丈夫だ」の一言に築いてきた信頼感を感じてグッときました。最高のチームワークで第二次決戦開幕。「脇役なんていない。これまでもこれからもお前が主役だ」みんなが主役。救われる未来でありますように。

2022/08/15

毎日が日曜日

★★★+

2022/07/04

チューリップ

戦闘で戦力になるような派手な個性じゃないけど、心操くんや物間くんの個性が作戦で重要な所を担っていてグッとくるな。みんなヒーローなんだよな。青山くん演技上手くて凄い。これが最終決戦になるのか総力戦だし画面の密度が凄くて圧倒された。荼毘が普通に死ぬ気だし体燃えているから読んでいて痛々しい気持ちになる。

2022/08/23

かなっち

どこを見てもドキドキしかなく、心臓に悪い第35巻です。青山君の演技が上手すぎてすっかり騙されましたが、演技で本当に良かったと心から安堵しました。この、敵を欺くための二重三重の作戦に胸が熱くなり、皆が一丸となっている今こそ勝利を手にしたいと熱望するのです。ですが、のっけからデク君は違う場所に行っちゃうし、ヒーローの数も激変していますし…で不安だらけですが。それはさておき、死柄木の指指アタックが気持ち悪くて、夢に出てきそうで鳥肌モノでした。

2022/08/13

感想・レビューをもっと見る