読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さよなら絵梨 (ジャンプコミックス)

さよなら絵梨 (ジャンプコミックス)

さよなら絵梨 (ジャンプコミックス)

作家
藤本タツキ
出版社
集英社
発売日
2022-07-04
ISBN
9784088831671
amazonで購入する Kindle版を購入する

さよなら絵梨 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムッネニーク

59冊目『さよなら絵梨』(藤本タツキ 著、2022年7月、集英社) 鬼才・藤本タツキの長編読み切り。 「映画制作」というモチーフを扱うことで、作中世界における現実と虚構の境目を曖昧にぼやかす。 読者に安定感を与えず、絶えずゆらゆらとした浮遊感、ないしは不安感を与えるような構造になっており、読後感は唯一無二。 主人公の自主制作映画は、不謹慎だと観客から罵倒される。これには著者の前作『ルックバック』に寄せられた的外れな批判を思い出さずにはいられない。 「ファンタジーがひとつまみ足りないんじゃない?」

2022/08/10

眠る山猫屋

言葉にならない。個人的に刺さり抜けない矢のようだ。“物語”の在り方を揺さぶられ、改められる。それくらい響いている、今も。優太は余命幾ばくも無い母に頼まれ、その残された日々をスマホで記録した。学園祭で上映するも散々な扱いを受けるが、唯一認めてくれた絵梨とリスタートする・・・そんな話で終わる訳もない藤本タツキ作品。そこまでだって美しい良い話だし、縦四コマのシーンや、あえてブレを多用し視覚的な映像効果を狙っているのもおもしろい。物語は二転三転、どこまでを虚構と捉えるかで深度が変わる狡猾さを含みながら(続く)

2022/07/19

ちゃも

どこまでが現実?すべてが映画?混乱のまま、ぼう然とする。

2022/08/24

Ex libris 毒餃子

映画のフィルムの構成のようにコマ割りされた映画のマンガ。ドキュメンタリー映画ではなくファンタジー映画であるのは被写体の良いところだけを残したい、という目的意識から。ドキュメンタリーとの一線を画すために、爆発オチを使うという構成をとる。 フィクションはフィクションとして楽しむべきであり、そのためにはフィクションとして成り立たせる装置が必要である、という主張からスタートしているマンガだと感じます。 フィクションだからこそ、何度も思い出すことが出来る素敵なことになり得るのだ。

2022/07/04

毎日が日曜日

★★★+ やっぱり藤本タツキは面白い。爆破のシーンが好き。

2022/07/04

感想・レビューをもっと見る