読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バイオーグ・トリニティ 8 (ヤングジャンプコミックス)

バイオーグ・トリニティ 8 (ヤングジャンプコミックス)

バイオーグ・トリニティ 8 (ヤングジャンプコミックス)

作家
大暮維人
舞城王太郎
出版社
集英社
発売日
2016-01-19
ISBN
9784088903330
amazonで購入する Kindle版を購入する

バイオーグ・トリニティ 8 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

バイオーグとハンターの戦いが過熱しすぎて、どんな戦いをしているのか理解できなくなってきた。戦闘中に入る藤井のポエムは、もう甘ったるい。もっと簡単に好きと言えば解決するのに、まどろっこしい想いばかりが積み重なってこんがらがっている。穂坂は、藤井のことを尊敬していた。だって、何も知らない相手を好きって言ってるんだぜ?それは恋でしかないのだから。ネクロマリアも参戦し、No.1のデネブも現れ、確実に物語は収束へと進んでいる。過去、今、未来。この恋は何千年も繰り返された恋なのかもしれかい。それでも好きはやめられない

2018/04/09

トラシショウ。

積読消化。「芙実歩を救う事が間違いだって言うのなら、俺達でそれを正解に変えてやる」。世界変革を求める浦野=ウラノスらバイオーグの上位21星達と、世界=榎本芙実歩の生存を求める藤井と穂坂、いきおい彼らに助力する事になる上位ハンター達との全面対決の激化。相変わらず超絶の画力で具現化される奔放なビジュアルイメージが凄まじい。それでいて絵が「止まって」いない。世界と人類の命運がかかった死闘、激闘の連続を、それでも胸に秘めた芙実歩への恋を超えた愛だけを武器に乗り越えていく藤井と穂坂が眩しい(以下コメ欄に余談)。

2016/10/12

眠る山猫屋

えげつないまでの戦闘シーン、壮大な世界観。そして大切な甘い物語パート。この融合こそが舞城王太郎の描く空間。美しい大暮先生の作画が加わってこの完成度。結末は近いのかな、デネブも登場したことだし。

2016/01/31

とら

常にキザっぽい台詞が飛び交うが、それが許される世界…と言うよりも、キザっぽい台詞しかもはや許されない雰囲気がとても漂っている。つまり、格好良いのであった。相変わらず物凄く惹き込まれる。物語に酔うとはこのことを言うのであろう。結構壮大なテーマを扱っているので、これからどう物語を畳んでいくのか楽しみでもある。そうやって考え始めたのは、この巻を読んで何となく物語の終わりが見え始めている気がしたからであった。

2016/05/05

sskitto0504

戦いの連続ですね…藤井が好きになった理由がわかりましたが、それでここまで戦えるってすごいなぁ…最強の人も出てきたし、戦い終わったら話も終わりかな?

2016/05/04

感想・レビューをもっと見る