読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

娘の家出 4 (ヤングジャンプコミックス)

娘の家出 4 (ヤングジャンプコミックス)

娘の家出 4 (ヤングジャンプコミックス)

作家
志村貴子
出版社
集英社
発売日
2016-03-18
ISBN
9784088903569
amazonで購入する Kindle版を購入する

娘の家出 4 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nyaoko

人物相関図とってもありがたいです。忘れてる訳じゃないけど、でもあると嬉しい。引きこもり類家シスター姉が大幅にLvアップしてく姿がとても自然。志村先生の描く女の子達って、実は美人とか可愛いとか、カッコいい男子と両思いになるとか、そんな少女漫画のセオリーはないんだけど「女子の世界のあるある心模様」を書かせたら天下一品だと思うのです。久住先生もそう、ぐっちーもそう。みんなに共感出来てしまう。そしてその女子ワールドに自然に入り込む同性愛にドキッとなる訳ですよ。

2016/04/27

イーダ

まゆこ肉食系だったんか!惜しかったね。なんかぐっちのお母さんが妙に美人でかわいかったです。あとはゲームのオフ会!いろんな出会いがありますが、オフ会がきっかけで結婚した人も居るんですよ!みんなが色々頑張っててイタかったり空回りしたりもしてるけど、前進するために今日も娘たちは一生懸命です。

2016/03/20

ソラ

オムニバス形式ということで特に何かストーリーがあるって感じでもないんだけどずっと読んでいられるような感じ。自分であればまゆこみたいな可愛い子に迫られたらもう理性を手放してしまうだろうなぁ。

2016/03/19

ぐうぐう

『娘の家出』の人物相関図は、とにかく複雑だ。例えば、まゆこパパはママと別れて男といっしょに暮らしていて、まゆこの彼・大輝のことを片想いする健太がいる。LGBTを生き辛くさせる世間の常識とやらが引く境界線を、この漫画の複雑な相関図はナンセンスと笑い飛ばし、溶かそうとしてるかのようだ。複雑さは越境を呼び、その越境はやがて常識を疑わせる。そんな効用を、この漫画の相関図は読者にもたらせている。

2016/03/23

椿

まゆちゃん、積極的だなぁ。ぐっちは、しっかりしてるけど恋愛面では初々しくてカワイイな。ロキと春奈の展開に、びっくりしたよ。

2016/08/10

感想・レビューをもっと見る