読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バーテンダー a Tokyo 7 (ヤングジャンプコミックス)

バーテンダー a Tokyo 7 (ヤングジャンプコミックス)

バーテンダー a Tokyo 7 (ヤングジャンプコミックス)

作家
加治佐修
城アラキ
出版社
集英社
発売日
2016-04-19
ISBN
9784088904047
amazonで購入する Kindle版を購入する

バーテンダー a Tokyo 7 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tak

ウーン、『覚悟』だねぇ

2016/04/19

takumi

後悔と覚悟か。。。

2016/05/11

kojiro

何時も印象的な言葉が出てくる、今回は、どんな仕事にも立ち止まる時期がある、立ち止まって迷う、そんな時に大事なのは顔がどちらを向いているかなんだ。過去に拘り後ろ向きに立ち止まる事を「後悔」と言う、未来を見つめ前向きに立ち止まる事を「覚悟」と言う。

2016/04/19

MORITA

弦は緩すぎては音が鳴らない。張り過ぎては切れる。ほどよい緊張と弛緩がバーにも必要。極上の「バーという音楽」を愉しむためには。

2016/06/01

Yasuhiro Kamada

ほどよい緊張と弛緩がバーには必要。 3つが揃ってはじめて「バーという音楽」を奏でる・・・。よいバーテンダー、よい酒、そして良い客。 バーだけでなく、よい店にはよい客がいて、そして一緒に育てる、これは大学時代に学んだ重要なことの一つです。よい客であること嗜むことって難しいですが、よいお店に行きたいならそうでありたいと思う、そんな今回のお話。 出てくるカクテルをバーでお願いするのは迷惑だろうなぁ。

2016/04/24

感想・レビューをもっと見る