読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

文句の付けようがないラブコメ 1 (ヤングジャンプコミックス)

文句の付けようがないラブコメ 1 (ヤングジャンプコミックス)

文句の付けようがないラブコメ 1 (ヤングジャンプコミックス)

作家
肋兵器
鈴木大輔
出版社
集英社
発売日
2016-11-18
ISBN
9784088905495
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

“千年を生きる神”神鳴沢セカイの下に生贄として捧げられた桐島ユウキ。生贄となる対価としてひとつだけ願いを叶えてやると言われた彼はこう言い放った。「神鳴沢セカイさん。俺と結婚してください」 神とその生贄をめぐる、奇妙な愛の喜劇が幕を開ける──。

文句の付けようがないラブコメ 1 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わたー

★★★★☆原作のイラストレーターによるコミカライズ。それに加え、原作者監修のオリジナルな展開。これは買わずにはいられなかった。今回は原作1巻と同程度の世界線。セカイの可愛さが際立っていたように思える。反面、とあるアングルのユウキの顔の作画が安定していないように感じた。ラストの展開は漫画独自のものなので、そこからどう収束するのか楽しみだ。

2017/01/11

レリナ

面白い。セカイかわいい。原作とは異なる展開になるようで、非常にこれからの展開が楽しみ。今の所結婚してくださいとユウキがセカイに言ってから特に進展はないものの、セカイとユウキの微笑ましいラブコメにはとても満足。神の生贄として選ばれたのに願いが神との結婚とは驚いた。しばらくはセカイとユウキのラブコメが続くのかな。終盤に妹が訪ねてきたので、一波乱ありそう。原作も読んでみたくなる漫画。次巻に期待。

2016/11/25

サエズリ割津

同名ライトノベルのコミカライズ。単純なコミカライズでも嬉しいのに原作者書き下ろしエピソードで原作とは違う話になるそうで。イラスト担当が漫画を描いており世界観の表現はかなりいい感じ。キリのいいところまで続いてほしい。次巻も期待。

2016/11/28

mt.gucti

本人シナリオ。挿し絵担当作画。原作と同じ担当編集。その上コミックで初めて読んだのですが、着想の面白い作品ですね。コミカライズは時間かかるから、それを踏まえた展開らしく。読みやすいです。どう続くのかな?

2017/02/11

美黒

原作同様に読みやすく、面白かった。セカイの表情が一つ一つ可愛くて、文字じゃ伝わらない絵の世界に惹き込まれてしまう。まだまだ序盤といったところで、九十九機関もそこまで出てこなかったけれど、これから漫画オリジナルの展開はどうなっていくのかとても楽しみ。何より肋さんの漫画なので安心感がある。

2016/12/04

感想・レビューをもっと見る