読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆきうさぎのお品書き 1 (ヤングジャンプコミックス)

ゆきうさぎのお品書き 1 (ヤングジャンプコミックス)

ゆきうさぎのお品書き 1 (ヤングジャンプコミックス)

作家
木田 翔一
小湊悠貴
出版社
集英社
発売日
2017-07-19
ISBN
9784088907178
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゆきうさぎのお品書き 1 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

緋莢

亡き祖母がやっていた小料理屋「ゆきうさぎ」を引き継ぎ、営業を再開させた雪村大貴。営業再開の日は生憎の雪だったが、軒先にいた猫に魚をあげたのが良かったのか、たちまち客で賑わうようになった。ある日、店の前で倒れていた女子大生・碧を助ける。碧は母の死をきっかけに、ほとんど食べられなくなっていて・・・

2017/09/05

あーさん★スマホ新しくしたけど操作に苦戦中(¯―¯٥)

うまそう~。

2017/11/27

かもめ

戴き物のコミックス。10分で読んでしまう。やはり小説の方がいいですね~!

2020/03/08

よっしー

原作既読。コミカライズとしてはまあまあかな…。短いけど特別書き下ろし小説もあるから、原作が好きな人は読んでみてもいいかも?コミックで物足りなかった人は原作も読んでみて欲しいな。

2018/06/24

アルゴス

原作の『ゆきうさぎのお品書き 6時20分の肉じゃが』のコミック化らしい。料理ものとしては、作り方にあまりこだわることなく、さらさらと描かれる。それほどおいしそうでもなかったりするのだが、お料理コミックとしては、好感度が高い描き方では。お手伝い猫も登場するし。猫で☆一つ分追加。★★★☆

2017/12/12

感想・レビューをもっと見る