読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君は淫らな僕の女王 2 (ヤングジャンプコミックス)

君は淫らな僕の女王 2 (ヤングジャンプコミックス)

君は淫らな僕の女王 2 (ヤングジャンプコミックス)

作家
横槍メンゴ
岡本倫
出版社
集英社
発売日
2017-11-17
ISBN
9784088907536
amazonで購入する Kindle版を購入する

「君は淫らな僕の女王 2 (ヤングジャンプコミックス)」の関連記事

美少女の幼なじみが実は自分をオカズにしていたら……自制心崩壊系純愛エロコメ『君は淫らな僕の女王』が乱れすぎ注意

『君は淫らな僕の女王』(横槍メンゴ:著、岡本 倫:原作/集英社)

 愛の力は偉大だ。『君は淫らな僕の女王』(横槍メンゴ:著、岡本 倫:原作/集英社)の主人公・アキラは、お金持ちの幼なじみである昴(すばる)にずっと恋心を抱いていた。しかし、小学校にあがると同時に、彼女は私立で寄付金も一口100万円レベルで払わなければいけない名門のお金持ち学校に入学。庶民である彼は当然ストレートに入学できるはずもなく、必死に勉強をし、年に数人だけ選ばれる授業料免除枠の特待生として、高校生になると同時に、彼女の学校に入学した。

 かつて仲がよかった幼なじみ二人の再会。久しぶりに会った昴は、かつて彼が「おとこおんな」とからかったようなときの姿とは一変、品行方正で可憐な美少女へと成長していた。変化はそれだけではない。昴は、なぜか彼にだけは冷たい態度をとる。せっかく努力して入った学校で、彼は彼女の態度の変化に落ち込みながらも、彼女への恋心はなかなか諦めきれなかった。

 ここまでだけストーリーを追えば、昴が何かをきっかけに心変わりをしたのか、もしくは久しぶりの再会に照れてツンデレ…

2018/7/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

君は淫らな僕の女王 2 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

前巻で昴とアキラが両想いになっているので、今回は蛇足な感じがします。昴の自制心がない時は、直接的な表現が多く、サラッと流してしまいます。きっとファンサービスとして続いているのかなあ、と。お話としては、妹の登場や金持ちの政略結婚などがありましたが、あってもなくても変わらない。ふたりの愛はどんなことがあっても永遠という感じでした。ある意味純愛ですが、ある意味セックスすることしか考えてない学生カップルでした。横倉メンゴさんの絵は相変わらず可愛らしいので、見ていて損はないかと思います。

2018/03/01

exsoy

完結。裏の神様慈悲深い。無事結婚できそうで良かった。

2020/02/09

ニル(NIL)

★★★★★ 衝撃の一巻から四年半の時を経て復活からの完結へ。一巻よりも過激な感じに。青年誌でここまで書けるのは岡本倫ぐらい。1巻が綺麗に終わってたから2巻は心配だったが、前回より自制心という設定を上手く活用できていると思うし一巻だけは描ききれなかった部分、流れをしっかり描けており蛇足だと感じさせない内容だと思う。所々岡本倫でしかできない台詞運びをしてて笑う。 最初から最後までジェットコースターのような作品だったが、締めもこれで良かったと思う。ファンに愛された漫画でもある。前作が好きなら買ってもいい内容だ。

2017/12/09

としなり

過激な青春エロコメ漫画。4年ぶり続巻。今回さらにエロUP。ヒロインが性欲ジャンキー化していて少々痛い。ストーリーはベタな展開。画が可愛いのが売り。

2017/12/02

混同

ある意味純愛なのかな(笑)最後のは理不尽(笑)

2017/11/23

感想・レビューをもっと見る