読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックス)

そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックス)

そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックス)

作家
平松伸二
出版社
集英社
発売日
2017-09-19
ISBN
9784088907574
amazonで購入する Kindle版を購入する

そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

山田太郎

なんだかメタ化してるというかどこまでネタなのかよくわかんないというか。彼女もなんか裏があるのかな、勘ぐりすぎかな、結婚したりしないのかな、よくわかないな。しかし、よく書かせてもらえてるなというかマシリトは許可したんだというか社長になってるし。

2017/12/04

たっきん

作者の下半身事情が赤裸に描かれていて笑った。たくさんある漫画家漫画の中でもこういうのは珍しいんじゃないかしら。暑苦しくてよいですなぁ。

2017/11/05

わびすけ

1~2巻まで。強烈!血で血を洗うジャンプの世界が想像以上に過酷だった。ヤクザしかいねえ凄い世界。自伝漫画と称するにはあまりにも突っ込みどころが多くある種ギャグ漫画の部分もある。がそうした過剰表現によって当時のジャンプの迫力を魅力たっぷりに描かれている。2巻は少々女々しさを感じたが外道マンになる布石だと思うので3巻に期待。

2017/10/23

オ・ノーレ

色んな自伝漫画はあれど脱童貞とファーストキスを細かく描く漫画は外道マンだけ。童貞の処女厨だった平松伸二先生が外道マンになる姿を早く見たい

2017/10/19

コリエル

武論尊ってそういうデビューの仕方だったんだ。すげえ人脈だな。で、平松先生はなんで血を吐いたの死ぬの。

2017/10/20

感想・レビューをもっと見る