読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オリンピア・キュクロス 1 (ヤングジャンプコミックス)

オリンピア・キュクロス 1 (ヤングジャンプコミックス)

オリンピア・キュクロス 1 (ヤングジャンプコミックス)

作家
ヤマザキマリ
出版社
集英社
発売日
2018-07-19
ISBN
9784088910796
amazonで購入する Kindle版を購入する

オリンピア・キュクロス 1 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

友人本。1964年 オリンピック熱真っ只中の東京にタムスリップしてきた ギリシャ人のデメトリオスーーテルマエロマエ?かと思うようなデジャヴたっぷりなコミック。でも、そこはヤマザキさん、いろいろな小ネタに爆笑です(*^ω^*) このままオリンピックの年まで連載引っ張るのかな?そこは作者の力量次第!頑張って。

2018/07/27

アーちゃん

情報番組で紹介され、台風がくるという中、天気が小康状態の時に速攻で買ってきた一冊。「テルマエ・ロマエ」をギリシャ人にしたオリンピックバージョンです(きっぱり)。これは読む人のツボにはまるかハマらないかで評価が完全に分かれるのではないでしょうか。私は舞台が昭和で小ネタ満載の本作が大好き。テルマエ・ロマエ同様本棚を飾るマンガとなりました。あとはどれだけ続くかがやや不安ですが、そこは実力のあるヤマザキマリさん、次巻も期待しております。

2018/07/28

ネギっ子gen

天邪鬼の小生ですから、五輪開会式は拒絶。本棚奥の本書を読む。紀元前400年。古代ギリシャの青年デメトリオスは、壺絵師見習いの、臆病な“草食系オタク”。村の争いに巻き込まれ、なぜか、”1964年オリンピックに沸く東京”に。スタディオンの大観衆の声援の下、アベベや円谷が走り、デメトリオスも素っ裸で参戦。「テルマエ・ロマエ」のオリンピック・バージョン、アペテ(開始)! 巻末コラムの「壺とオリンピックと私」が、読み応えあり。裏表紙では、三波春夫が「東京五輪音頭」を朗々と。今度は、『AKIRA』を読みたくなった!⇒

2021/07/24

えむ女

テルマエの「ギリシャ人、オリンピック編」

2018/08/15

るぴん

レンタル。『テルマエ・ロマエ』のスポーツ版。今度の舞台は古代ローマよりさらに昔の古代ギリシャ。スポーツ万能だけど、草食系でオタクの主人公デメトリウスが雷の力で飛ばされるのは、一昔前の日本。現代じゃなく東京オリンピックの頃の昭和っていうのがいい。

2018/10/27

感想・レビューをもっと見る