読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イノサンRougeルージュ 9 (ヤングジャンプコミックス)

イノサンRougeルージュ 9 (ヤングジャンプコミックス)

イノサンRougeルージュ 9 (ヤングジャンプコミックス)

作家
坂本眞一
出版社
集英社
発売日
2018-11-19
ISBN
9784088911311
amazonで購入する Kindle版を購入する

イノサンRougeルージュ 9 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

ルイ16世の処刑によりフランスの絶対王政は終焉する。自由と平等の名のもとに成されたフランス革命であるが、王を喪った民衆は狂気を呼び新しいフランスをゴーレムに例える。処刑場で歌われるラ・マルセイユーズ。フランスは新たな恐怖の時代へ移る。正気を戻す手段の緊縛に驚く。マリーの祖母への紛争にも驚く。縄で正気を保つのは私の感性では理解しづらかったな。言い換えれば、私の想像以上の表現ということだろう。王を処刑するのは、それだけの難事ということか。作画はとても美麗です。そろそろ完結も近いと思う。今春発売の次巻も読もう。

2019/01/03

眠る山猫屋

血まみれの革命が始まる。まるで祭りのように。心折れたシャルルを再起させたのは、マリーの荒療治。ジャポンの縄ですか~。そして敬愛する国王の処刑と、機会在らば救出への助力という二律背反を抱えながら(尚且つ緊縛されながら・笑)処刑台に上がるシャルル。民衆の狂気と冥昧さに革命の陰がより濃く見えてくる。こんな濁流、コントロールできる訳がないぜロベスピエール。

2019/02/27

くりり

国王ルイ16世をギロチンに、そして喰らう!!( ; ロ)゚ ゚狂ったフランス革命は恐ろしい。そんななかで大きくなるゼロ...

2019/01/24

wata

ついに国王処刑。サンソン家が大集合!それにしてもアンリは痛いの好きなの?マリーは、どこで縄の縛り方習ったの?あんなに縛られるのどんだけ時間かかるの?と不思議がいっぱい(-_-;)

2018/12/19

辺辺

積本崩し。遂にルイ16世がギロチンに。自らの身体を縛らないと正気を保たれないシャルル。フランスの血で血を流す描写がエグい。絵柄が美しいから、余計にゾクゾクするわ。マイ贔屓のマリーの出番が少ないのがちょっと残念だな。混乱を極めた中、ゼロはどう成長していくのだろう?

2019/02/22

感想・レビューをもっと見る