読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キングダム 58 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 58 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 58 (ヤングジャンプコミックス)

作家
原泰久
出版社
集英社
発売日
2020-06-19
ISBN
9784088915999
amazonで購入する Kindle版を購入する

「キングダム 58 (ヤングジャンプコミックス)」の関連記事

「絶対に狙ってるでしょ」将軍・馬介が討たれるものの… ヤングジャンプ44号『キングダム』、思わぬコラボ!? で読者興奮

『週刊ヤングジャンプ』44号(集英社)

 2020年10月1日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』44号。『キングダム』第655話では魏の将軍・馬介が討たれるシーンから始まるのだが、なぜか読者の間では「馬介将軍がアシリパ(リは小文字)に殺られたようにしか見えないwww」との声が上がっている。  同盟を結び、楚を急襲する秦魏同盟軍。だが魏軍左翼の将・馬介を玄右が討ち取ったことにより、魏軍全体の攻勢が左から崩れ出してしまう。すぐさま魏の狂戦士・乱美迫率いる軍が援護にまわろうとするものの、行く手には楚の将軍・千斗雲の姿が。彼の攻撃により乱美迫は足止めを食らい、秦魏軍もろとも膠着状態に陥った――。  そんな激しい戦闘が繰り広げられていく中、今回特に注目を集めたのは冒頭のシーン。先述した通り馬介の首が落とされる描写から始まるものの、ネット上では「『ゴールデンカムイ』の最後のコマが『キングダム』の最初のコマと繋がってるように見える」と話題になっているようだ。  というのも『キングダム』の右隣のページには、『ゴールデンカムイ』の登場人物・アシリパが連続殺人…

2020/10/5

全文を読む

「意志が強すぎて逆に面白くなってきた」ヤングジャンプ41号『キングダム』、諦めない男・乱美追に録嗚未が怒る!?

『週刊ヤングジャンプ』41号(集英社)

 2020年9月10日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』41号では、『キングダム』第653話を掲載。諦めない男・乱美追に、読者から「そりゃ録嗚未も怒るわ」「全然空気読まないなwww」などの声が上がっていた。  同盟を結び、楚・什虎城へと協力して攻めこむことになった秦・魏軍。急造の同盟軍である秦・魏軍は、互いの戦場がなるべく重ならないように対局から挟み撃ちに出る。  基本的に秦・魏軍はそれぞれ敵を撃破する形になるが、戦闘狂である楚・千斗雲の周辺だけは3国が三つ巴状態に。“諦めない男”乱美追が現れたのは、楚・千斗雲と秦・録嗚未が向かい合って戦っているシーンだ。  乱美追は狂戦士の異名を持つ魏の武将。千斗雲と録嗚未の戦いに割り込んできた乱美追は、千斗雲だけでなく同盟相手の録嗚未にまで刃を向ける。実は魏と秦はこれまで何度も戦をしてきた間柄。戦場では乱美追だけでなく、秦・魏の両兵士も思わず同盟相手に武器をむけそうになっていた。  録嗚未の一喝で己を取り戻し、協力して楚に攻め込んでいく兵士たち。一方そんな中でも乱…

2020/9/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

キングダム 58 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

ついに龐煖倒せて感動した。ちょっと神がかった話があったけどそれだけのダメージだろうな。

2020/11/25

五右衛門

読了。いよいよ最終決着です。共に兵糧の尽きた中での正に死力を尽くす闘いでした。信 やった‼️けれど実は気力と言うより繋がっている過去、現在の仲間たちの力によって宿敵ホウエンに勝利‼️でもあの世に…それを羌カイ‼️自分の寿命を信のためならと❗余りに辛い勝利‼️この闘いで一段落つくのかな?

2020/06/20

本読みたぬき

孤高の力よりワンチームの力!!そして主人公死なず‼これぞジャンプ系の王道ですね。ホウケンのような孤高の生き方は、宮本武蔵のように戦国からずれてれば主人公になり得ますが。主人公が死から蘇るエピソードはキングダムらしくなくて要らないと思います。作者の私生活の影響と言われますが…。

2020/12/27

こも 零細企業営業

表紙のようにホウケンとの一騎討ちを辛くも生き残り、李牧を追撃して、鄴を陥落させ。やっと秦国の勝利で終わるが、、食糧が無い!普通は倒れないか?アドレナリンがドパドパで感じてないだけか?

2020/07/17

exsoy

いやー長かったですねぇ。スピリチュアルな面が前面に出すぎている気がするよ。

2020/07/19

感想・レビューをもっと見る