読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

九龍ジェネリックロマンス 3 (ヤングジャンプコミックス)

九龍ジェネリックロマンス 3 (ヤングジャンプコミックス)

九龍ジェネリックロマンス 3 (ヤングジャンプコミックス)

作家
眉月じゅん
出版社
集英社
発売日
2020-11-19
ISBN
9784088917283
amazonで購入する Kindle版を購入する

九龍ジェネリックロマンス 3 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小鈴

最の高だよ。これは買い続けます。まだ全貌は分からないけれど、香港の九龍を舞台にしたジェネリック?ラブ?。九龍=クーロンはクローンでしょうか?ジェネリックは代替?そう難しいことは抜きにしてもキャラが好きだ。スプリッドタンもたまらないのですが、前作に続き疲れたおじさん好きにはたまらないよ。工藤さん、おじさんと言っても30代のリーマンですが。女性キャラは全部いい。ヤンジャンでなくてもフィーヤンでもいけるんじゃないでしょうか?近未来設定、クローンの彼女の恋は「本物」なのか?

2020/12/20

k-oniisan after

■格差と背徳が蔓延する荒廃した未来都市。そんなディストピア像を人々に刷り込んだ容疑者は「ブレードランナー」だろう。ディストピアのイメージには人の内面に食い込む何かがある。「九ジェネ」の舞台もディストピアだが、かつての昏いそれとは雰囲気が異なる。郷愁を誘う明るいディストピアなのだ。そのSF世界でミステリーちっくな日常系ラブストーリーが語られるとなったら、どうやっても設定オチのちぐはくなものなってしまいそう。しかし九ジェネはそうならない。キャラ、物語、謎。全てが上手く噛み合っている。果たして登場人物には全て、

2020/11/21

花乃雪音

新たに小黒も別の存在が示唆される。九龍に住む人々や街そのものの謎が少しずつ剥がれていく展開が遅く感じないのは個々のエピソードも読ませてくれるものだからだろう。

2021/02/08

ななこ

登場人物の過去が少しずつ明らかになるにつれて、だんだんとストーリーが理解できるようになってきた反面、新たな謎が次々と出てくる。何が本物で何が偽物なのか?でも偽物だとしても、美味しいものを食べたり、ちょっとした言動にときめいたりと新たな記憶が刻まれているのも事実で。今後が気になる!!九龍の描写は相変わらず素晴らしい。生活のすべてがこの九龍で完結しちゃうんだもんなぁ。かつて香港にあった本物の九龍城砦はもう取り壊されてしまったけど、こんな場所で確かに日々の生活を営んでいる人たちがいたことに感慨深い気持ちになる。

2021/01/15

芙蓉

ちょっと真実の欠片が見えた?偽物ではなく本物の私の恋物語。完全ではなく絶対を求める蛇沼。九龍城に似たその街。過去に土足で踏み込まれたような。懐かしさを含んだ恋。

2020/11/27

感想・レビューをもっと見る