読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キングダム 60 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 60 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 60 (ヤングジャンプコミックス)

作家
原泰久
出版社
集英社
発売日
2020-12-18
ISBN
9784088917351
amazonで購入する Kindle版を購入する

キングダム 60 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

五右衛門

読了。信が将軍になって李牧が新国王から遠ざけられ手薄に見えていた前巻からは予想もしないような苦戦が続いています。しかも誰も手出ししない(敢えて遠ざけていた)城を秦+楚連合軍での急襲。大丈夫?強引過ぎる駆引き、戦闘(確かに戦力の上では互角)が続きます。目が離せないですよね。兎に角負けるな❗(歴史上たぶん負けないであろうが)

2020/12/19

本読みたぬき

遂に最新刊に追いつきました。主人公が全く出ない巻ですが、敵も含め皆が主人公感のあるこの漫画はこれでも十分面白いです。始皇帝の帝国主義と呂不韋の拝金主義、この2つは現代でも中国の本質の両輪でありますね。

2021/01/17

Koichiro Minematsu

秦魏同盟が功をせいするが、3年後の同盟はどうなるか。

2021/04/30

かさお

李白が光を失ってなくて良かった。そして次なる戦いが始まり、リョフイが久々に登場かと思えば……そして信たちの活躍が描かれてなくて残念。キョウカイも出てこんかったしな😑

2020/12/18

わたー

★★★★★呂不韋の死という史実にあのような解釈を入れたことは、殺すには惜しいキャラにまで彼が上り詰めたということの証左だろうか。李牧無き後の趙攻めに手こずる秦。後顧の憂いを断つために、魏と期限付きの同盟を結び楚の城を攻めることに。かつて死闘を演じた呉鳳明とともに戦うというのはなんとも感慨深い。相手方の将軍も一癖も二癖もあるメンツが登場したので、長い戦いになりそうな予感。

2021/01/01

感想・レビューをもっと見る