読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

瞬きのソーニャ 3 (ヤングジャンプコミックス)

瞬きのソーニャ 3 (ヤングジャンプコミックス)

瞬きのソーニャ 3 (ヤングジャンプコミックス)

作家
弓月光
出版社
集英社
発売日
2020-12-18
ISBN
9784088917511
amazonで購入する Kindle版を購入する

瞬きのソーニャ 3 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もくもく

2014年発行の2巻から、7年の時を隔てて3巻が発行されました。書店の店頭で本書を発見したときには、思わず我が目を疑ったワタシなのです。(^o^) 「旧ソ連が、非人道的な遺伝子操作・科学技術で、秘密裏に開発した人間兵器:ソーニャ」は、ソ連崩壊に紛れて脱走し、追っ手と戦いながらアメリカに渡りました。ベテラン 弓月光 氏が、その趣味や興味を全面的に投入した直球勝負のお話しが、オモシロく無いわけが無いです。さて、1~3巻を何回か読み直してから、また気長に続刊を待つことにいたします。

2021/01/05

枯伍

父・ザイチェフ死後、渡米し普通の少女として学校に通うことになるソーニャ。トラブルは絶えない。ディアブロは子供を作るが出産まで母体が保たず、胎児を研究材料にしようとした協力者たちを抹殺。ふたりが再開するときは来るのかな? 気が向いたら続きを描いてるってスタンスみたいだね。面白いけど先が読めない。

2021/05/01

Hirofumi Yada

6年ぶり、やっと出た新刊。この作品を読んだ人なら皆感じてると思うけど、小山ゆう著「あずみ」の国と時代を変えた焼き直しだよね。そうと分かっていても面白いのには変わりないし、超人的な殺傷能力を持った少女が人間らしい精神をギリギリのバランスで保ちながら、次々と敵との攻防戦に巻き込まれていくって、青年マンガにおいて最強の設定だと思う。続巻は6年も待ちたくないなあ。90年代のインターネット黎明期の時代設定が効いてる。

2020/12/18

かやま

2巻読んでたっけ…?と思ったけどどうやら読んでたみたいなので買いました。そんなレベルなので前までの内容全然覚えてないけど、抜群に面白かった。このくらいの執筆ペースで描きたい事描いてるからなんだろうな。

2020/12/26

ぷくらむくら

弓月光が描いているということでビックリ。プロット・設定共に面白い。「完全に趣味」という点に妙に納得。

2021/06/18

感想・レビューをもっと見る