読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

【推しの子】 4 (ヤングジャンプコミックス)

【推しの子】 4 (ヤングジャンプコミックス)

【推しの子】 4 (ヤングジャンプコミックス)

作家
赤坂アカ
横槍メンゴ
出版社
集英社
発売日
2021-05-19
ISBN
9784088918723
amazonで購入する Kindle版を購入する

【推しの子】 4 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぅ

今巻ほぼほぼ新生B小町でサスペンス要素はゼロ。 必然的に女性陣メンバー3人がメイン回だけどぴえヨンアクアも地味にB小町の売り出しに参加っていう( ̄∀ ̄)男の人は面白い女性には恋愛感情より先に対抗心ってほんと?!(笑)

2021/05/23

トラシショウ。

「箱推し気取りか?この浮気者め・(中略)決めたわ・私がアイドルやってる間に、必ずアンタのサイリウムを真っ白に染め上げてやる・私の事大好きにさせてみせる・アンタの推しの子になってやる」。アクアによる「父親」探しの一環だった恋愛リアリティショーの閉幕から一転、アイドルデビューを目指すルビーのファーストステージ編。JK(?)YouTuber・MEMちょの加入イベントを除けば、ほぼほぼ表紙を務める有馬かなのお当番回と言って良い内容。凄いな、ダブルどころかトリプルミーニングなタイトルなのか(以下コメ欄に余談)。

2021/05/24

わたー

★★★★★ここにきてタイトルのダブルミーニングとか最高にエモい。恋愛リアリティショーが無事に終わったことで、アイに関する新たな情報とビジネス上の交際相手を得たアクア。そのことに気が気じゃない有馬かなパイセンの姿が非常に良い。新生B小町のファーストステージで彼の推しになろうと決意するところとか、この漫画イチ前向きな輝きに満ちていると思う。次回、世代最強の子役と当世切っての若手女優がアクアを巡って2.5次元舞台で激突。楽しそうすぎる。

2021/05/19

洪七公

初ステージ

2021/06/01

すごい勢い

数多の嘘を軸にした物語で、表面上は相変わらず闘争領域ビンビンだが、不思議と不快にならないのはキャラの可愛らしさから滑稽味が滲み出ているから。だから信頼できる。

2021/05/20

感想・レビューをもっと見る