読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オリンピア・キュクロス 6 (ヤングジャンプコミックス)

オリンピア・キュクロス 6 (ヤングジャンプコミックス)

オリンピア・キュクロス 6 (ヤングジャンプコミックス)

作家
ヤマザキマリ
出版社
集英社
発売日
2021-08-18
ISBN
9784088920405
amazonで購入する Kindle版を購入する

オリンピア・キュクロス 6 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ネギっ子gen

対談相手は、大英博物館で初の「マンガ展」を成功させたキュレーター・ニコル氏。本編は、勘九郎が監修する農村歌舞伎が大成功。そこで、デメトリオスは教えられる。<人間というのは、他の動物と違って、授かった体をどう扱って生きていくか…一生をかけて、それを試行錯誤する生き物だ。考え方や判断次第でどうにでもなる。愚かな生き物にも、健やかで美しい生き物にもなれるっていうことだ。実際、オリンピックが創られたのだって、戦争へ向かうエネルギーを運動に替える為だった/良い表現は人々を救う…前向きに生きる力を与えてくれる>と。⇒

2021/11/21

こも 零細企業営業

なんか村の状態が将来の日本を見てるような、、怒りを何処に持っていけば良いんだ?

2021/08/19

arianrhod

ギリシャ時代と昭和の日本を平行移動を繰り返して、人や社会や文化やスポーツや思想のことを楽しく考えさせられる作品です。

2021/10/12

ぴっちゃん

状況を見極めずオリンピックをやって~貧しくなった村ってことだよね。はぁ~~。一方で文化のギャップに驚きながらもなじむのが早いデメトリオスらのタイムスリップストーリーは面白い、そんなに日本に古代ギリシャ語を話せる人がいるはずないとは思うけれど・・・。荒んだ心を救うのは演劇や音楽。今は不要不急とされているけども。

2021/08/23

NOJI

あと一巻でこちらも終わりか… 困難な環境での芸術の力について真正面から描いてる。

感想・レビューをもっと見る