読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゴールデンカムイ 27 (ヤングジャンプコミックス)

ゴールデンカムイ 27 (ヤングジャンプコミックス)

ゴールデンカムイ 27 (ヤングジャンプコミックス)

作家
野田サトル
出版社
集英社
発売日
2021-09-17
ISBN
9784088920740
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゴールデンカムイ 27 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Die-Go

すごいことになってきました。タイトルの謂れも、初めからの伏線の回収も鶴見によってなされてしまう。ほんとにこの通りなんだろうか?部下が盗み聞きしてるのをわかっててのことかも??と勘ぐってしまいます。いや、とにかく面白い。白石が表紙なのに、今のところ戦力外なのがまた。★★★★☆

2021/09/17

ムッネニーク

79冊目『ゴールデンカムイ 27』(野田サトル 著、2021年9月、集英社) 物語の始まりでもある、あの日の真実が紐解かれる。タイトルも回収され、ついにクライマックスへの序奏が始まったという感じ。各人の狂気に総毛立つ。 「いわば… ゴールデンカムイか」

2021/09/23

こも 零細企業営業

アシリパが鶴見中尉に捕まり、それを追いかけてたらボウタロウが、、菊田と杉元の関係って?ソフィアと鶴見、さらにアシリパの関係って、、それを盗み聴きしてる鯉登と小島、、鶴見の覚悟を聴いて何か2人とも嬉しそうだぞ?wそして、アシリパの父親の話になるけど何でのっぺらぼうになってたのかがわかったけど、、そうまでするのか?あと、放置してたら皮が生えてくるのだろうか?人体って不思議だ、、最後の方ではタイトルになってるゴールデンカムイの説明もあって。なかなかに濃厚な内容だった。

2021/09/18

眠る山猫屋

タイトル回収巻、黄金の神は有益にも邪悪にも転ぶのか。入れ墨人皮争奪戦が終わり、アシリパが事態の中心に。ボウタロウの扱いが酷いよ。と思ってたら杉元と白石までズボンと・・・(苦笑)後はシリアスな鶴見の独壇場。ソフィアとの因縁、カリスマ・ウイルクの失敗。鶴見の“毒”は物語の始まりから仕込まれていたのか。一喜一憂していた月島と鯉登がかわいい。揺さぶられたアシリパさんの苦悩が響く。

2021/09/20

明智紫苑

鶴見中尉の口から語られるタイトルの意味。「神」としての「資本主義」を暗示するのか?

2021/09/19

感想・レビューをもっと見る