読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鉄道員/ラブ・レター (集英社CDブック)

鉄道員/ラブ・レター (集英社CDブック)

鉄道員/ラブ・レター (集英社CDブック)

作家
浅田次郎
川崎洋
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784089011409
amazonで購入する

鉄道員/ラブ・レター (集英社CDブック) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

緑色と風

「ラブ・レター」、私のお気に入りです。パイタンさんの純情さと、日本人の不条理さが心をつかんで離れせません。売春ではないけれど、本当はいけないことなのに、暗黙の了解で見過ごしてしまっていることって、日常には多いなと考えさせられました。何もできない自分の歯がゆさが悔しい。

kara

ラジオのニッポン放送で「通勤電車の中で読む本がなかったので、偶々、妻が読み終えてテーブルの上に置いてあったポッポ屋、ラブレターを掴んで出勤。電車の中でラブレターを読んでいるうちに、これはまずい(泣くのをこらえきれない)と途中下車してしまった。」という話をきいて、読んでみました。このカタカナで書かれた外国人特有の舌足らずの文章は、反則です。途中で嗚咽が出そうになって、一度本を閉じたのを覚えています。ドライアイになった時は、このラブレターを思い出すと目がうるんで効果があります。もう読んでから10年近く経ってい

感想・レビューをもっと見る