読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黒子のバスケ 30 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 30 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 30 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス)

作家
藤巻忠俊
出版社
集英社
発売日
2014-12-04
ISBN
9784089082300
amazonで購入する

黒子のバスケ 30 ドラマCD同梱版 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぴよの助

ドラマCD聞きました。アニメより先に洛山メンバーきて嬉しいです!黛さんはいませんでしたけれど。玲央姉の声はもう聞いてましたけどみんなイメージにぴったりだと思います。赤司君も少しだけですが出番があってよかったです。緑間と高尾のポンポン弾む会話が面白いです。三期楽しみに待ってます。シャッフルモードにしてたばかりに話が支離滅裂でなんだこれ?と首をかしげました(笑)気づいたのはもう半分以上聞いたあたりだと思います。ノーマルに戻して再度聴き直しました(笑)キャストさんの話も面白くて最後の細谷さんの使い方に笑いました

2014/12/06

サキヤマ アン

CDは未読。今年初めての読書。結果は分かっていても、スッゴく感動した!! アニメ3期が始まる前にテンション上がった!!

2015/01/02

こんなにわくわくしながら追いかけたマンガは初めてだったなあ…。まだまだ続いて欲しい気もするけど、黒子目線の物語としては、最初の目的通りかつての仲間であるキセキと戦って、もう一度楽しむバスケを取り戻すってところで完成してるんだなあと思う。決勝戦での決着のつけ方も『影』である彼らしさが出ていて良かったな。何があっても一度の休載もなくここまで描ききってくれた藤巻先生に感謝と敬意を。またいつか、どこかで、バスケが大好きな彼らと再会できることを願っています。

2014/12/04

baboocon1982

ドラマCD同梱版が先に出ていたので買ってしまいました。内容は週刊ジャンプで読んでいたので驚きはないけれど、俺赤司の登場、もう少し早くにしてやれなかったのかと残念。他にも細かいところで不満はあるけれど、終盤の緊迫感と勢いはコミックスで一気に読んだ方が読み応えがあった。ゾーンを超えたゾーンの正体も、初めは「えっ?」と思ったけれど、こういう形の方が作品のテーマにも沿っていて良い。オビによるとまだEXTRAがあるようだが、ひとまず藤巻先生お疲れ様でした。

2014/12/03

明那

まず、CD欲しいしと限定版購入したら表紙が黒子の笑顔でなくてガッカリです。が、待に待った最終巻、楽しんで読みました。赤司の過去、この子は本当に可哀想な子でした。オレ司に戻り、面白い能力を発揮。最終巻の涙ポイントは個人的に2箇所荻原くん…良かった…。声あげてくれてありがとう。黒子の荻原くん認識後の涙顔が、どれだけ黒子が君を傷付けた事を悩んでたかわかる。号泣っす。あと、ゾーンの先のゾーン、青峰が入れなかった訳。気づいた時の青峰の涙顔が泣ける。伊月さんの出番も良かったし、でも、黒子のボクは影だが良すぎ!!続く

2014/12/04

感想・レビューをもっと見る