読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黄昏流星群セレクション 恋する星霊 (My First Big SPECIAL)

黄昏流星群セレクション 恋する星霊 (My First Big SPECIAL)

黄昏流星群セレクション 恋する星霊 (My First Big SPECIAL)

作家
弘兼憲史
出版社
小学館
発売日
2013-10-11
ISBN
9784091192592
amazonで購入する

「黄昏流星群セレクション 恋する星霊 (My First Big SPECIAL)」の関連記事

「鈴木央先生、本当にありがとうございました」 マガジン17号『七つの大罪』、8年の歴史にピリオド!

『週刊少年マガジン』17号(講談社)  2020年3月25日(水)発売の『週刊少年マガジン』17号。とうとう最終話を迎えた『七つの大罪』に、ファンからは「素晴らしい最終回だった!」「七つの大罪のみんなを忘れないよ」などの声が相次いでいる。  前回、それぞれの人生を歩むために解散した“七つの大罪”。あれから10年が経ち、メリオダスとエリザベスの間には息子・トリスタンが生まれていた。町中を慌ただしく駆け回るトリスタンは、“七つの大罪”が城に集まるとの噂を耳にしたという。どうやら七つの大罪を“逆賊”と思い込み、今夜リオネス王国が乗っ取られると信じているようだ。  王子であるトリスタンが城へ帰ると、そこで待っていたのは母親であるエリザベスと七つの大罪メンバーたち。メリオダスとエリザベスの子どもであるトリスタンに、ディアンヌやゴウセルは興味津々なようす。しかし七つの大罪が逆賊だと信じるトリスタンは、「さぁ 全員外に出て尋常に勝負です!」と持ちかける。  実際に全員で外に出たところ、なにやら街中がにぎわっていることに気がつく。広場に出ると、突然多くの国民たち…

2020/3/27

全文を読む

「これで本当に別れちゃうんだな…」『七つの大罪』、それぞれの道を行く“七つの大罪”に悲しみの声/マガジン 15号

『週刊少年マガジン』15号(講談社)  2020年3月11日(水)発売の『週刊少年マガジン』15号。『七つの大罪』第344話では、それぞれの道を進み始めた“七つの大罪”に対して「みんなこれで本当に別れちゃうんだな…」「ちょっぴり切なくなってきた」といった反響が上がっている。  アーサーが“怪猫”キャス・パリーグを喰らい、真の平和が訪れた世界。役目を終えた“七つの大罪”メンバーは遂に解散することに。キングとディアンヌは結婚して妖精と巨人の王国を創るという。バンは恋人のエレインと共に、ブリタニア中のエールを呑み比べる旅へ。ゴウセルはたった1人、自分探しの旅に出ると明かす。メリオダスの「オレたちはいつでも仲間だ」「必ずまた会おう」という言葉を最後に、それぞれが目指す目的地へと歩いていった。  十字路の中心に残されたのはメリオダスとエリザベス、そして喋る豚であるホークのみ。そのまま2人についていくかと思われたホークだが、生き別れた兄・ワイルドの墓を作るために煉獄へと向かう。  残された2人は城に戻り、国王のバルトラへ結婚の報告をしていた。国王を継ぐという…

2020/3/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

黄昏流星群セレクション 恋する星霊 (My First Big SPECIAL) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

fumikaze

短編が2編。①恋する星霊…海外へ逃げようとして、最後に追っ手に刺されて命を落とす主人公。父の死を知らず、希望に燃えて出発する息子と、彼を待ちながら一人で旅立つ恋人。…こういうラストシーンは良くあるが、それでもついああ残念!と思ってしまう。人生なんて全てが思うようにいくわけでは無いのだから、仕方ない。

2018/05/05

感想・レビューをもっと見る