読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

忍びの国 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

忍びの国 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

忍びの国 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

作家
和田竜
坂ノ睦
出版社
小学館
発売日
2009-12-12
ISBN
9784091221087
amazonで購入する Kindle版を購入する

忍びの国 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

十六夜(いざよい)

「のぼうの城」で有名な和田竜さんの小説をコミカライズした作品。劇画っぽい絵柄で戦の場面が余計に凄惨に見えてしまったが、内容を考えると合っていたのだろう。ざっくりとした説明しかなかったので、途中までどちらが伊賀者で、どちらが織田勢かよくわからなかったのが口惜しい。一巻の表紙は無門だが、無門が主人公なのか?

2020/06/07

うろん

和田竜作「忍びの国」の漫画化。表紙の無門が最高にかっこいいです。仕事の無門と素の無門。どちらも素敵です。結末は哀しそうで嫌だな。

2017/06/17

みるく

映画を観て再読。無門の表情が無情に感じつつも、要所に笑える表情があるたび、魅力を感じる。下山平兵衛に胸キュン♪巻末…忍のおまけで相関図がとっても分かりやすい!

2017/07/07

り こ む ん

再読。織田信長の伊賀攻めのお話。原作は和田竜。史実にのっとているけど、エンターテイメント性が強い時代小説の漫画版。シリアスさとコミカルさがうまい具合に融け合ってて面白い。

ちはや

電子書籍無料本。これって大野くんが主役の映画の原作よね?無門がその役?なんかイメージ違うんだけど。

2017/07/12

感想・レビューをもっと見る