読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

金剛番長 9 (少年サンデーコミックス)

金剛番長 9 (少年サンデーコミックス)

金剛番長 9 (少年サンデーコミックス)

作家
鈴木央
出版社
小学館
発売日
2010-01-18
ISBN
9784091221360
amazonで購入する

金剛番長 9 (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

JACK

◎ 堕落した日本を壊滅させ、選ばれた強い者たちで日本を再生する事を目指す暗黒生徒会。その手始めとして、霧に包まれた霧厳島の空港爆破を企んでいるという。金剛番長たちは現地に向かい、暗黒生徒会と勝ち抜き戦を強いられるのだった。トンデモで笑えるマンガですが、時々ホロリとさせられます。

2015/02/05

結葉天樹

初戦は卑怯番長vs磁力番長。まだまだ出て来る卑怯番長の引き出し。実力を隠しすぎてて卑怯!それでも彼ですら深手を負わされるのが暗黒生徒会。彼の思いを引き継ぐのはサソリ。ドリル番長とのタイマンで死力を尽くし、仲間の思い、磊への思い、磊の母であり尊敬する先代総長の愛子への思い。全てを込めて拳が炸裂する。しかし彼女もまた重症。次なる矛盾番長戦でKOされてしまう。しかしその思いは剛力番長が継ぎ一撃で敵を倒す。最終戦の文学番長に対するは金剛番長。仲間の全てを背負い、兄の幻影を蹴散らし金剛は行く。もう誰も止められない。

2020/01/15

クローネ

金剛番長は人なのか?…と1巻で疑問に思ったが、人ですらなかったΣ(゜д゜;)

2014/02/07

ぽげムた

こんな漫画で女出されてもなあ。扱いに困る。

2013/02/07

kasai

キャラ全員に出番を与えつつ、バトルがすぐに終わるからスピード感があって実によい。あと、文学番長が「非科学的な」とか言うな。

2010/01/23

感想・レビューをもっと見る