読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かってに改蔵 14 (少年サンデーコミックススペシャル)

かってに改蔵 14 (少年サンデーコミックススペシャル)

かってに改蔵 14 (少年サンデーコミックススペシャル)

作家
久米田康治
出版社
小学館
発売日
2011-06-17
ISBN
9784091222350
amazonで購入する

かってに改蔵 14 (少年サンデーコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

牧野由依さんのYui Makino Concert~twilight melody~に参加するオジャ

最終回すごい最終回すごいと言われてた最終回をようやく読了。確かにすごい。絶望は計算されたオチだったけど改蔵は唐突に夢から醒めさせたようなオチだったなあと。よし子先生がロリだったのが個人的にツボ(笑)

2016/06/19

更紗蝦

色々と驚いてしまうラストですが、登場人物のファッションが妙におしゃれな時があったことにも意味があったとは驚きました。カラーページのさわやかさがすごく切ないのですが、その後の『大蛇足』では地丹くんが地丹くんのまま(薄毛設定もそのまま)なのは、別の意味で切なくなります。同時収録の『地上げにスマッシュ』は、良くも悪くも「80年代っぽさ」をひきずっている漫画で、妙な懐かしさを感じてしまいました。

2015/03/02

xtc1961ymo

なんと!箱庭療法の産物だったとは。サブカルネタの宝庫。笑えました。

2014/11/09

赤字

愛蔵版ラスト。/涙は流れなかった、けど心で泣いた。なんだこの最終回。なにこの祝福感。ギャグマンガでこんなことやっていいのかよ。……愛蔵版買って良かった。もういちど1巻から読み直したいと思う。

2011/06/24

千葉さとし

この最終回を知っていて読む新装版最終巻は、随所に終わりへの道筋がつけられていることに気付かされる。それ故に部長の最後のセリフにしみじみと感じ入り、まさかの連載時の仕掛け再録に驚かされるのだ。って、ギャグマンガの感想じゃないっすね、すみません(笑)。あこがれのあだち先生との対談での殊勝な久米田先生も面白いし、投稿作の「地上げにスマッシュ」を見て絵柄の原点に江川達也的なものがあったことに驚かされる。盛り沢山な最終巻でした、愛のある再リリースに感謝を。

2011/06/21

感想・レビューをもっと見る